高橋大輔さん、羽生にエール「まったく心配ない」

11月15日(水)13時31分 日刊スポーツ

東京2020公式ライセンス商品を手に笑顔を見せる10年バンクーバー冬季五輪フィギュアスケート銅メダルの高橋大輔氏(左)と平昌冬季パラリンピック日本選手団団長の大日方邦子氏

写真を拡大


 バンクーバー冬季五輪男子フィギュアスケート銅メダルの高橋大輔氏(31)が15日、右足首負傷でNHK杯を欠場した羽生結弦(22=ANA)にエールを送った。
 東京・原宿の東京2020公式ライセンス商品ショールームで新商品の発表会に出席し「羽生選手の2連覇の可能性は非常に大きい。宇野選手とのワンツーフィニッシュも見えてきている」と話した。
 羽生はNHK杯を右足首の負傷で欠場したが「まだ五輪までは時間がある。彼の実力なら、まったく心配ない」。自身のケガの経験から「大会が近ずくとちょっとしたケガでも焦って、早く練習したくなる」と言いながらも「しっかりしたチームだし、周りのサポートもある。無理をすることはない」と話していた。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

高橋大輔をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ