工藤監督16年ドラ1田中正義を来季リリーフ起用へ

11月15日(水)4時54分 日刊スポーツ

ソフトバンク田中正義(2017年9月23日撮影)

写真を拡大


 ソフトバンク工藤監督が14日、16年ドラフト1位の田中正義投手(23)について、来季はリリーフで起用する考えを明かした。キャンプ休日のこの日、宮崎市内でゴルフを楽しんだ工藤監督は「まずはリリーフで結果を出さないと。向き不向きもあるが、1イニングを全力でというのはある」と話し、先発ではなく救援への配置転換方針を示した。
 5球団競合の末、工藤監督がくじで引き当てた田中は、今季1軍登板なしに終わった。右肩痛などで即戦力の期待に応えられなかった。工藤監督は「球を置きにいく(傾向)と報告を受けている。今は腕を振ることをさせている」と、この秋は特別強化指定選手として、みっちり指導中。悩み、弱気などを払拭(ふっしょく)するためにも、最速156キロで空振りが取れる直球をドンドン投げ込ませていく。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

監督をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ