高橋大輔氏もニッコリ 東京五輪公式商品が新発売へ

11月15日(水)13時13分 日刊スポーツ

東京2020公式ライセンス商品を手に笑顔を見せる10年バンクーバー冬季五輪フィギュアスケート銅メダルの高橋大輔氏(左)と平昌冬季パラリンピック日本選手団団長の大日方邦子氏

写真を拡大


 東京五輪・パラリンピック組織委員会は15日、東京・原宿の公式ライセンス商品ショールームで新商品の発表会見を開いた。来年2月からの平昌冬季五輪・パラリンピックに向けて日本オリンピック委員会(JOC)日本パラリンピック委員会(JPC)の公式商品を拡充するもので、応援フラッグや山中塗りタンブラーなどが12月以降に順次販売される。
 会見には10年バンクーバー冬季五輪男子フィギュアスケート銅メダルの高橋大輔氏(31)と平昌パラリンピック日本選手団の大日方邦子団長(45)が登場。平昌大会に向けて、高橋氏は「フィギュアはもちろん、スピードスケートなどにも期待しています」と選手たちにエールを送り、大日方氏は「大きなプレッシャーと戦う選手にとって、応援が1番の力になる」と、団長として話していた。

日刊スポーツ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

東京をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ