欧州遠征2試合フル出場…自信を掴んだ槙野智章「自分の良さをはっきり出せた」

11月15日(水)9時40分 サッカーキング

ベルギー戦にフル出場した槙野。体を張ったディフェンスを見せた [写真]=Photonews via Getty Images

写真を拡大

 日本代表の欧州遠征は2戦2敗という結果に終わった。ただ、2試合にフル出場したDF槙野智章(浦和レッズ)は、チームとしても個人としても大きな収穫があったと感じている。

 日本代表は14日に国際親善試合でベルギー代表と対戦。強力な攻撃陣を擁するチームを相手に、粘り強い守備で応戦した。最終的には0−1で敗れたため、「代表チームは結果がすべて」と決して喜んでいるわけではない。ただ、1−3と完敗を喫したブラジル戦からしっかりと修正できた点をポジティブに捉えている。

「ブラジル戦で出たいろいろな課題を練習の中でみんなで修正して、それが今日の試合に凝縮されていてよかったかなと思っています。選手たちの共通意識というのが今日は統一できていました」

 ブラジル戦では、前線からのプレスがうまく機能せず、前半のうちに3点を奪われた。そこからベルギー戦までは中3日。修正のための時間は限られており、実際「2日前の練習ではあまりうまくいかなかった」という。そこからどのようにして改善したのか。槙野は次のように明かした。

「2日前の夜と昨日のミーティングで、選手同士でいろいろと意見をぶつけ合いました。前の選手の『こうしたい』っていう意見と、後ろの選手の『もっとこうしてほしい』っていう意見をぶつけ合いながら今日の試合を迎えたんです」

 チーム全員で課題と向き合って修正できたからこそ、手応えも大きいのだろう。そして槙野にとっては、強豪国との連戦にフル出場できたことが大きな自信につながったはずだ。

「チャンスをもらって、その試合の中でどう自分がチームにフィットして力を発揮できるかっていうところは常に考えていました。今回の2試合、特に僕の仕事ではブラジルの(ガブリエル)ジェズスとかネイマール、そして今日の(ロメル)ルカクもそうですけど、自分にとっては非常に楽しみな選手でもありました。自分の良さをはっきりと出せた2ゲームだったかなというふうに感じています」

 充実の2試合を終えた槙野はクラブに戻り、18日にはAFCチャンピオンズリーグ決勝ファーストレグに臨む。「個人的には9日間で3試合目になる」というハードなスケジュールだが、問題はない。「非常に良いコンディションなので、チームに持って帰って頑張ります」と意気込んだ。

サッカーキング

この記事が気に入ったらいいね!しよう

欧州をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ