【トライアウト】元ヤクルト・フェルナンデス、4人を無安打「悔いはない」

11月15日(水)11時28分 スポーツ報知

打者4人を無安打で抑えたフェルナンデス

写真を拡大


 ◆プロ野球12球団合同トライアウト(15日・マツダ)

 元ヤクルトのラファエル・フェルナンデス投手(31)は、打者4人を無安打で抑えた。「結果には満足。悔いはないです。いいパフォーマンスができたと思う」。

 前西武・田代将太郎外野手(27)を右飛、前ヤクルト・原泉外野手(25)を見逃し三振、前オリックス・奥浪鏡内野手(22)を三飛、前西武・木村昇吾内野手(37)を三直に仕留めた。

 昨年9月のWBCで着用したブラジル代表のユニホームで臨んだ。「上下そろっているユニホームはこれしかなかったので。これを着ると気持ちが上がります」。

 現在は、日本ハムで通訳を務めているが、日本ハムの通訳を受ける際に、今年のトライアウトを受験することを球団側にも伝えていたという。右腕は「やっぱりマウンドで投げた方が楽しいですね」と前を向いた。

スポーツ報知

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ヤクルトをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ