【ジャパンC】ソウルスターリングが1週前追い切りで1馬身遅れ 藤沢和師「順調。使った反動はない」

11月15日(水)14時54分 スポーツ報知

美浦トレセンで1週前追い切りを行ったソウルスターリング

写真を拡大


 ◆ジャパンC1週前追い切り(15日・美浦トレセン)

 11月26日に東京競馬場で行われる第37回ジャパンC・G1(芝2400メートル)に向け、今年のオークスを勝ったソウルスターリング(牝3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が15日、美浦トレセンで1週前追い切りを行った。

 助手がまたがり、ウッドチップコースでラユロット(3歳1600万)を4馬身ほど追走。手綱を引いて行きたがるのを抑えながら、1馬身遅れでフィニッシュした。見守った藤沢和調教師は「順調だよ。使った反動はなく、速いところをできたからいいんじゃない。向こう(関西)に行かずに、地元で競馬しているから調整は楽だよね」と順調をアピールした。

スポーツ報知

この記事が気に入ったらいいね!しよう

ソウルスターリングをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ