【オリックス】長村球団本部長、トライアウト視察も「今回は獲得を見送る方針」

11月15日(水)16時58分 スポーツ報知

合同トライアウトを視察したオリックス・長村球団本部長兼編成部長

写真を拡大


◆プロ野球12球団合同トライアウト(15日・マツダ)

 オリックスの長村裕之球団本部長(58)が15日、担当の森、佐藤両スカウトとともに12球団合同トライアウトを視察した。

 ドラフトで8選手を指名したため、現時点での支配下登録は64人になる見込み。今後新外国人やFAでの選手獲得も狙っていることから「枠の問題もあるからね。今回は獲得を見送る方針で考えています」と同本部長。投手26人、野手25人の計51人が受験したが、トライアウトでの選手獲得については否定的だった。

スポーツ報知

この記事が気に入ったらいいね!しよう

トライアウトをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ