瀬戸大也、300Mまで世界記録上回るも自由形で失速…400M個人メドレー

11月15日(水)21時24分 スポーツ報知

男子400メートル個人メドレーで大会新記録で優勝した瀬戸

写真を拡大


◆競泳 W杯東京大会 最終日(15日・東京辰巳国際水泳場)

 短水路(25メートル)で行われる競泳のW杯東京大会が15日、東京辰巳国際水泳場で最終日を迎えた。男子400メートル個人メドレーで「世界記録(3分55秒50)を出したい」と挑んだ瀬戸大也(23)=ANA=は、300メートルまで世界記録を0・11秒上回っていたが、最後の自由形で失速し、3分57秒66でゴールした。

 レース後のインタビューでは「このW杯東京大会で世界新を出したかった」と悔やんだものの「(先週の)北京大会よりは後半も死ななかったし、粘ってタイムが上がった」とうなずいた。最後は持ち前のポジティブ思考で「ポンってすぐに記録が出たら面白くない。自分が出せるタイミングが来たら出す」と意気込んだ。

スポーツ報知

この記事が気に入ったらいいね!しよう

瀬戸大也をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ