来年9月江の島で五輪本番テスト…セーリングW杯シリーズ

11月15日(水)7時31分 スポーツ報知

会見で大会成功を誓った(左から)河野博文日本セーリング連盟会長、吉田愛、吉岡美帆、黒岩祐治神奈川県知事

写真を拡大


 「セーリングワールドカップシリーズ江の島大会」実行委員会設立総会と会見が14日、神奈川県藤沢市で行われた。

 同シリーズは世界を転戦しチャンピオンを決めるシリーズで、来年度第1戦を2018年9月9日から16日まで江の島大会として実施。19、20年シーズンも同大会を行う。

 東京五輪セーリング会場となる江の島での実施は「五輪本番のテストになり、セーリング競技を盛り上げる準備になる」と大会名誉会長の神奈川県・黒岩祐治知事は語った。

 会見にはリオ五輪470級女子5位入賞の吉田愛、吉岡美帆も駆けつけ大会での健闘を誓った。

スポーツ報知

この記事が気に入ったらいいね!しよう

セーリングをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ