遼 “不頭不屈”スイング修正!巻き返しへ手応え「収穫あった」

11月15日(水)7時8分 スポーツニッポン

一緒にラウンドした石川遼(左)と松山英樹は並んでアプローチする

写真を拡大

 16日に男子ゴルフのダンロップ・フェニックスは、宮崎・フェニックスCCで開幕する。石川遼(26=CASIO)は松山英樹(25=LEXUS)、中嶋常幸(63=静ヒルズCC)と練習ラウンドで9ホールを回った。

 先週、国内自己ワーストの5戦連続予選落ちを喫したが、第2日終了後の練習でヒントを見つけた。「スイング中に頭が5、6センチも後ろに下がっているのに気づいた。10年前のスイングを見たら2、3センチくらいしか下がっていない」。週末は頭を動かさないことを意識して打ち込んだ。

 元々、松山と中嶋が回ることは決まっていて先週、石川が「練習と試合で体の動きが違うと感じていたので一番緊張する組に入って試したかった」と志願の飛び入り。「7回1Wで打って6回フェアウエーに行った。収穫があった」。中嶋からは「ピースが1つはまれば流れが良くなる。もう少しだ」と復調に太鼓判を押された。予選ラウンドは、その中嶋と稲森佑貴と回る。

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

修正をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ