ベルトランが引退 スイッチで435発 ア軍世界一を最後に

11月15日(水)7時8分 スポーツニッポン

引退を表明したアストロズのベルトラン(AP)

写真を拡大

 通算435本塁打を誇るアストロズのカルロス・ベルトラン外野手(40)が13日(日本時間14日)、現役引退を表明した。メジャー20年目の今季は打率.231、14本塁打、51打点だったが、自身初のワールドシリーズ制覇を果たし「世界一になれたのは最高の思い出。これからは家族とゆっくり過ごしたい」。

 99年に新人王を獲得するなど強打のスイッチヒッターとして活躍。通算2725安打で打率.279、1587打点、312盗塁を記録し、球宴にも9度選出された。

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

引退をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ