日体大37年ぶり決勝 来秋ドラフト候補・松本148球完封

11月15日(水)7時8分 スポーツニッポン

7回2死一塁、東洋大代打・納を三振に仕留め、吠える日体大先発・松本

写真を拡大

 ◇明治神宮野球大会 大学の部準決勝 日体大4—0東洋大(2017年11月14日 神宮)

 日体大は松本が148球を投げ、4安打完封。中学時代にKボールの兵庫選抜でチームメートだった東洋大の右腕・甲斐野との来秋ドラフト候補対決を制し、37年ぶりの決勝進出に導いた右腕は「こういう舞台で投げ合えてうれしかった」と笑顔だった。

 今夏、侍ジャパン大学代表に選出され、善波達也監督から股関節と右足の使い方を修正され、リリースが安定。「リリースの感覚が良くなった」とうなずいた。

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

日体大をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ