岩隈、マイナー契約でマ軍残留へ 右肩手術も球団から厚い信頼

11月15日(水)5時8分 スポーツニッポン

マリナーズの岩隈(AP)

写真を拡大

 マリナーズからFAとなった岩隈が、マイナー契約で残留することが濃厚となった。ジェリー・ディポトGMが、9月に右肩のクリーニング手術を受けた36歳について「(本拠の)セーフコ・フィールドでリハビリをしていて、毎日のように顔を合わせている。今は彼が引き続きマ軍でいられるよう考えているところ」と明かした。

 故障の影響で今季は未勝利に終わったが、12年からメジャー通算6年目で63勝39敗、防御率3・42と、実績も貢献度も十分。球団もマ軍の一員としての復帰を強く望んでいる。来年5月の実戦復帰が見込まれており、招待選手となる春季キャンプはキャッチボール程度のリハビリ段階。契約には投球回数などに応じた出来高が多く盛り込まれるもようだ。

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

手術をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ