東洋大 高橋監督勇退飾れず「負けて終わるのはつらい」

11月15日(水)7時8分 スポーツニッポン

今大会での勇退が決まっている東洋大・高橋監督は準決勝で敗れるも笑顔で引き揚げる

写真を拡大

 ◇明治神宮野球大会 大学の部準決勝 東洋大0—4日体大(2017年11月14日 神宮)

 東洋大は東都1部通算最多542勝を誇る高橋昭雄監督がユニホームに別れを告げた。エースの飯田が右肘違和感で先発を回避。打線も4安打に封じられて零敗を喫し「負けて終わるのはつらい」と肩を落とした。

 今季限りでの勇退を発表して臨んだ全国舞台。69歳の名将は「この時期まで野球ができた。こんな幸せなことはない」と万感の表情を浮かべ、駆けつけた大勢の教え子に見送られて神宮を去った。

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

東洋大をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ