稀勢 綱の務め、取組に「集中」貴に並んだ幕内通算701勝

11月15日(水)7時8分 スポーツニッポン

稀勢の里(左)が寄り切りで千代大龍を下す

写真を拡大

 ◇大相撲九州場所3日目(2017年11月14日 福岡国際センター)

 日馬富士の休場理由が館内に流れると「え〜」と疑いの声が上がった。暴行が発覚しながら理由は左上腕骨内側上果炎と左尺骨神経痛。ファンのざわつきで異様な緊張感が走ったが、最後に和製横綱が威厳を示した。

 稀勢の里は得意の左を使い怪力・千代大龍を寄り切って2連勝。日馬富士の暴行について問われたが、「今は相撲に集中してやるだけ」。多くを語らず務めを果たし、横綱たる姿を見せた。

 幕内通算701勝に到達し、元横綱・貴乃花に並び歴代8位タイに浮上。だが、「まだまだですね」と表情は変わらない。「今日は終わったので、明日また集中してやるだけ」。人気に影を落とした角界の不祥事。和製横綱の示す威厳と品格が、角界を照らす光となる。

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

幕内をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ