長沢、代表初出場で存在感 パスカットで攻撃起点も「決めきれればよかった」

11月15日(水)7時18分 スポーツニッポン

ベルギー代表・ルカク(中央)をマークする日本代表・長沢(右)

写真を拡大

 ◇国際親善試合 日本0—1ベルギー(2017年11月14日 ベルギー・ブリュージュ)

 代表初出場となったMF長沢は後半17分に途中交代となったが、ピッチを駆け回って攻守に奮闘。パスカットから攻撃の起点となるなど存在感を示した。

 前半に3失点した10日のブラジル戦を踏まえ、「入りが良くなかったので改善しようと(試合に)入った」と語った長沢。「(ベルギーは)やはり個の能力が高い。1対1の部分でもう少ししっかりと戦えればよかった」と反省を口にした。

 それでも前半には、高い位置でボールを奪って攻撃につなげる場面も。「相手がまだ準備できていない時に自分たちからハイプレッシャーに行って、何度かチャンスもあった」と手応えを語ったが、「そこで決めきれればよかった」と唇をかんだ。

スポーツニッポン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

攻撃をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ