「プレミア12」8強進出決定 日本はプエルトリコ、韓国はキューバと激突

11月16日(月)0時2分 フルカウント

日韓ともに勝ち上がれば、準決勝で対戦へ

 世界野球「プレミア12」は15日に1次ラウンド全日程を終えて決勝トーナメント進出8チームが決定した。

 B組に入った日本は5戦全勝で首位通過。2位にはこの日、延長戦の末に韓国に競り勝った米国が入った。3位韓国、4位メキシコが決勝トーナメントへ。ベネズエラ、ドミニカが1次ラウンド敗退となった。

 一方のA組はカナダがこの日オランダを3-1で下し、5戦全勝で首位通過。2位キューバ、3位オランダ、4位プエルトリコが決勝トーナメントに駒を進めた。ホスト国の台湾は5位で1次ラウンド敗退となった。

 準々決勝は日本対プエルトリコ、米国対オランダ、韓国対キューバ、メキシコ対カナダのカードに決定。16日に台湾で4試合を行い、準決勝は19日から日本に舞台を移して実施される。

フルカウント

「キューバ」をもっと詳しく

「キューバ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ