張本智和、日本勢33年ぶりの優勝!伊藤美誠は日本女子最高に並ぶ銀メダル、早田ひな4位

2022年11月19日(土)21時56分 スポーツニッポン

 卓球のアジアカップ最終日は19日、タイのバンコクで男女シングルス準決勝、3位決定戦、決勝が行われ、男子の張本智和(19=IMG)が初優勝を飾った。日本勢のアジアカップ制覇は89年の斎藤清以来、33年ぶり快挙。女子の伊藤美誠(22=スターツ)は04年の福原愛に並ぶ日本女子最高の銀メダルを獲得した。

 男子世界4位の張本は準決勝で荘智淵(41=台湾)に4—1で快勝すると、決勝も林鐘勲(25=韓国)を4—1で下した。宇田幸矢(21=明大)は準決勝で林鐘勲に1—4、3位決定戦は荘智淵に2—4で敗れ、4位だった。

 女子世界ランキング5位の伊藤は準決勝で同44位マニカ・バトラ(27=インド)を4—2で退けたが、決勝は同4位の王芸迪(25=中国)に2—4で敗れた。同6位の早田ひな(22=日本生命)は4位に終わった。

スポーツニッポン

「日本」をもっと詳しく

「日本」のニュース

「日本」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ