ソク・ジョンユルがシニア初優勝 ウィラチャンがマークセンから賞金王を奪取【国内シニア最終戦】

11月20日(水)19時52分 ALBA.Net

ソク・ジョンユルがシニア初優勝(大会事務局提供)

写真を拡大

<ISPS・ハンダカップ・フィランスロピーシニアトーナメント 最終日◇20日◇鳩山カントリークラブ(埼玉)>

国内シニアツアー最終戦「ISPS・ハンダカップ・フィランスロピーシニア」の全競技が終了。単独首位から出たソク・ジョンユル(韓国)が、この日に「69」をマークしてトータル9アンダーで優勝。最終戦でシニアツアー初優勝を挙げた。


首位と1打差・2位タイには室田淳と久保勝美、3打差・4位に倉本昌弘、4打差・5位タイには深堀圭一郎とタワン・ウィラチャン(タイ)が続いた。

そのほか、今大会に特別出場している7年連続で欧州ツアーの賞金王に輝いたレジェンド、コリン・モンゴメリー(スコットランド)はトータル3アンダー・8位タイ。

なお、本大会を終えてシニアツアーの賞金王が決定。プラヤド・マークセン(タイ)を逆転して、ウィラチャンが自身初の賞金王の座についた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

ALBA.Net

「優勝」をもっと詳しく

「優勝」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ