フェラーリF1代表、ブラジルGPの同士討ちに失望。ベッテルとルクレールをマラネロに呼び出しへ

11月20日(水)7時45分 AUTOSPORT web

 フェラーリF1チーム代表のマッティア・ビノットは、シャルル・ルクレールとセバスチャン・ベッテルを今週マラネロに呼び出し、日曜日のF1第20戦ブラジルGPで起きたふたりの手痛い同士討ちについて話し合いをするという。


 ベッテルとルクレールはレース終盤にチームメイト同士での激しいバトルを行ない、インテルラゴスのターン1でルクレールがベッテルを追い抜いた。


 しかしベッテルはターン3の立ち上がりでルクレールに追いつき、ストレートの右側からルクレールを追い抜こうとしたところ両者は接触。ルクレールは右フロントのサスペンションが破損、ベッテルは左リヤタイヤがパンクした。


 これによりふたりのフェラーリドライバーがレースからリタイアすることになり、チームは獲得できたはずの大量のポイントを失うことになった。


 ビノットはこのインシデントを「ばかげたミス」と評したが、どちらのドライバーに責任があるかについては言及を避けた。

2019年F1第20戦ブラジルGP 右サスペンションが壊れリタイアとなったシャルル・ルクレール
2019年F1第20戦ブラジルGP 右サスペンションが壊れリタイアとなったシャルル・ルクレール


 その後フェラーリはインテルラゴスでのレース後の記者会見をキャンセル。日曜日のうちに両ドライバーと簡単な話しかしていないビノットは、マラネロで関係者のみによる話し合いが行われることを明言した。


「ふたりのドライバーと話をしたが、今日起きたことについて再度彼らと話し合いをする時間を取り、またチームがすべての映像とデータを分析する時間も取ることになる」とビノットは語った。


「どのような判断が下されようとも、最も重要なことは我々が失望しており、ふたりはチームに対し申し訳ないと思うことだ」


「まず、ふたりのドライバーはチームに謝罪するべきだ。なぜなら原因は非常に小さな衝突だったが、それが大きな結果をもたらしたからだ。そしてこれは2度と繰り返すべきではない、ばかげた出来事だ」


 2019年シーズンにベッテルとルクレールが対立したのはブラジルGPで3度目となる。


 今年9月の第14戦イタリアGP予選では、ベッテルがルクレールに対し、スリップストリームを使わせなかったと非難。また第16戦ロシアGP決勝では、レーススタート時にルクレールが後方のベッテルにスリップストリームを使わせることでメルセデスに対し有利に立とうとしていた。しかし、トップに浮上したベッテルは、ルクレールと順位を入れ替えるというレース前に合意したはずのチームオーダーを無視している。


「最終的には、何が行われ、何が誤っていたのかを認識することが重要だ」とビノットは付け加えた。


「そしてドライバーだろうがエンジニアだろうが、どのような役目を果たしていようとも、ミスを認めるということは重要だ。そのことだけが我々を成長させるのだから」


「そういうわけで、何が起きたのか双方のドライバーが理解することが重要になると考えている。少なくとも言い争いなどはせず、全員がマラネロに集まって、何が起きたのか、何がミスだったのかを理解するのだ」


「私は彼らを責めてはいない。彼らが認識するかどうかだ」

2019年F1第20戦ブラジルGP決勝 リタイアしたセバスチャン・ベッテルのマシン
2019年F1第20戦ブラジルGP決勝 リタイアしたセバスチャン・ベッテルのマシン


AUTOSPORT web

「フェラーリ」をもっと詳しく

「フェラーリ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ