久保、堂安がいても勝てない…U-22代表が東京五輪を前に抱える課題

11月20日(水)6時0分 ダイヤモンドオンライン

11月17日のコロンビア戦で、パスを阻まれる久保建英 Photo:JIJI

写真を拡大


来夏に迫った東京オリンピックで金メダル獲得を目標に掲げるサッカーU-22日本代表が、国内お披露目の試合で一敗地にまみれた。U-22コロンビア代表と対峙した、17日のキリンチャレンジカップ2019(エディオンスタジアム広島)で0−2の完敗。フル代表を主戦場としていたダブルエース、21歳の堂安律(PSVアイントホーフェン)と18歳の久保建英(RCDマジョルカ)を、ワールドカップ予選を回避させてまで呼び寄せながら攻守両面で精彩を欠いた舞台裏を探った。(ノンフィクションライター 藤江直人)


10月にはブラジル代表に勝利も

国内お披露目試合でまさかの完敗


 時間の経過とともに期待が萎んでいく。来夏に迫った東京オリンピックへ「現時点におけるベストメンバー」と森保一監督が謳い、試合前日には「本気で金メダルを目指して戦う姿をお見せしたい」と意気込んでいた一戦から伝わってきたのは、例えようのないもどかしさだった。


 U-22(22歳以下)コロンビア代表とエディオンスタジアム広島で対峙した、17日のキリンチャレンジカップ2019。発表されたばかりの新ユニフォームを身にまとったU-22日本代表の先発メンバーには、フル代表を主戦場としてきた堂安律(PSVアイントホーフェン)、そして18歳の久保建英(RCDマジョルカ)の両MFが先発として初めて揃い踏みしていた。


 オリンピックには年齢制限が設けられていて、東京大会は1997年1月1日以降に生まれた世代が対象になる。昨年はU-21、今年はU-22、そしてオリンピックイヤーにはU-23と年齢が上がっていくチームに、1998年6月に生まれた21歳の堂安が参戦するのは初めてだった。


 オリンピック代表に続き、2022年のカタールワールドカップ出場を目指すフル代表の指揮官も兼任した森保監督の下で後者に抜擢されてきた。その間も戦いぶりを注視してきた同世代の仲間たちと、満を持してともに戦ったコロンビア戦で募らせたのは違和感だった。


「何か消極的に見えた試合だった。球際で負け過ぎているし、誰かがやってくれるだろう、誰かが守ってくれるだろう、という感じに見えた。チーム全体としてボールを受けるのを怖がっているシーンも多かった。いろいろなポジションの選手が『もっとパスをくれ』と言ってもよかったんじゃないか」





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「U-22」をもっと詳しく

「U-22」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ