ドイツ車好きが集結。富士でのプーマ『GERMAN CAR MEETING 2019』は盛況に

11月21日(木)10時33分 AUTOSPORT web

 11月17日、富士スピードウェイで開催されたインタープロトシリーズ第4戦にあわせ、プーマジャパンがインタープロトシリーズと主催したドイツ車のファンミーティング『GERMAN CAR MEETING 2019』が行われ、多くのドイツ車が集結し盛り上がりをみせた。


 F1はもちろん、スーパーフォーミュラやスーパーGTでさまざまなチームをサポートし、ファッションとモータースポーツを高次元で融合させているプーマ。多くの方はご存知と思うが、プーマの発祥の国がドイツだ。


 そこで、国内輸入車販売台数ランキング上位を占めるドイツ車オーナーを対象に、同じドイツにブランドルーツを持つプーマが開催したのが、『GERMAN CAR MEETING 2019』だ。当日は、富士スピードウェイのグランドスタンド裏にBMWやポルシェ、アウディ、フォルクスワーゲンなど、多くのドイツ車が集まり、メーカーごとに設けられた専用のパーキングスペースに自慢の愛車を並べた。


 当日はメインコースでインタープロトをはじめとしたさまざまなレースが行われるなか、カースタイリングコンテスト、フォトセッション、DJパフォーマンスなどを実施。また、ブランパンGTアジアのGT4クラスに参戦したBMW Team StudieのBMW M4 GT4や、斎藤太吾のD1グランプリ仕様GRスープラなども展示され、斎藤や織戸学、プーマのギアをつけWシリーズを戦った小山美姫が参加してのトークショーも行われた。


 また、当日はスーパーGTなどでも活躍するトップレースクイーン/モデルたち10名が『プーマサーキットクイーン』として、ホワイトとブラックのプーマオリジナルのコスチュームで登場し、参加者と写真撮影を行うなど、イベント全体で大活躍した。


 もちろん、ドイツ車ゆかりのさまざまな出展ブースも登場し、当日はイベント終了までドイツ車好きで盛り上がりをみせた。

プーマ『GERMAN CAR MEETING 2019』の様子
プーマ『GERMAN CAR MEETING 2019』の様子
当日はBMW Team StudieのM4 GT4をはじめレーシングカーも展示された。
当日はBMW Team StudieのM4 GT4をはじめレーシングカーも展示された。
斉藤太吾、織戸学、小山美姫のトークショー
斉藤太吾、織戸学、小山美姫のトークショー
写真撮影など、イベントを通じて活躍したプーマサーキットクイーン
写真撮影など、イベントを通じて活躍したプーマサーキットクイーン
プーマ『GERMAN CAR MEETING 2019』の様子
プーマ『GERMAN CAR MEETING 2019』の様子


AUTOSPORT web

「ドイツ」をもっと詳しく

「ドイツ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ