ボギー発進からのカムバック 畑岡奈紗がエリートフィールドで好発進

11月22日(金)11時43分 ALBA.Net

畑岡奈紗が17位タイ発進(撮影:GettyImages)

写真を拡大

<CMEグループ・ツアー選手権 初日◇21日◇ザ・リッツ・カールトン・ゴルフリゾート ティブロンGC(フロリダ州)◇6556ヤード・パー72)>

女子ゴルフ史上最高額の優勝賞金150万ドルをかけたビッグトーナメントが開幕。年間ポイントレースの上位60人までが出場しているエリートフィールドで、畑岡奈紗が2アンダー・17位タイとまずまずの位置でスタートを切った。


「ティショットは安定していたほうだと思うんですけど、なかなかアイアンショットでピンに絡むショットが少なかった」と、スタート1番ではセカンドショットが池に入ってボギー発進。なかなかチャンスを作れない場面が続いたが、課題としていたというパターがはまり、3番で5mを沈めてバーディ、7番からは5〜6mをねじ込み連続バーディを奪うなど見せ場を作った。

この日は4バーディ・2ボギーの「70」でフィニッシュ。首位とは5打差ながら「まだまだ悪い位置ではないと思うので、ショットを修正していいスコアで回れるように頑張りたいです」と語った。

本大会では前戦までのポイントは全てクリアされ、本大会の優勝者が年間女王に輝く。優勝賞金も高額なため、賞金女王の行方もまだまだわからない。畑岡はポイントランキング14位、賞金ランキング18位で本大会入り。最終戦での一発逆転を視界に捉え、上位を目指す。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

ALBA.Net

「畑岡奈紗」をもっと詳しく

「畑岡奈紗」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ