ミランが仏代表の大型FW獲りを画策か…今季はチェルシーで出番が激減

11月22日(金)19時55分 サッカーキング

チェルシー退団の可能性が高まっていると報じられたジルー [写真]=Getty Images

写真を拡大

 チェルシーに所属するフランス代表FWオリヴィエ・ジルーに対し、ミランが関心を示しているようだ。21日に、イタリアメディア『フットボールイタリア』が報じている。

 今シーズン、ジルーはチェルシーで十分な出場機会を得られていない。プレミアリーグではここまで4試合の出場にとどまっており、なかなかアピールの場を与えてもらえない状況が続いている。

 そんなジルーに関心を持っているのが、ミランだという。ミランは前線の強化のために、当初はズラタン・イブラヒモビッチの獲得を目論んでいたとされるが、並行してジルーとの契約の可能性も探る考えのようだ。

『フットボールイタリア』の報道によると、ジルーはEURO2020に出場するフランス代表での地位を確固たるものにするべく、定期的な出場機会を求めて今冬にチェルシーを去ろうとしているという。ミランからすれば、ライバルのインテルもジルー獲得に乗り出していると報じられているため、難しい交渉を強いられそうだ。

サッカーキング

「チェルシー」をもっと詳しく

「チェルシー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ