J1、J2、J3今節の見どころは? アントラーズは負けられない大一番へ。横浜FC&ギラヴァンツは昇格決定なるか【編集部フォーカス】

11月23日(土)8時0分 フットボールチャンネル

サンフレッチェ広島対鹿島アントラーズ

 明治安田生命Jリーグは今週末、J1第32節、J2第42節、J3第32節を迎える。今季のJリーグも残すところあとわずか。優勝争いや残留争いも佳境を迎えている。その中で、今節はどのような対戦カードが組まれているのか。注目試合や選手、見どころをピックアップした。

——————————

注目カード(明治安田生命J1リーグ)
サンフレッチェ広島対鹿島アントラーズ 11月23日 14:00

注目選手
MF:森島司(広島)
MF:レオ・シルバ(鹿島)

 鹿島アントラーズにとって今節のサンフレッチェ広島戦は、リーグ優勝を果たす上で重要な試合となる。ここで勝つか負けるかで、今季の常勝軍団の運命は決まるといっても過言ではないだろう。

 鹿島は前節、川崎フロンターレとの上位対決に挑んでいる。ボールを支配する相手に対ししっかりとした守備ブロックを敷くなど、悪くない前半を過ごした鹿島であったが、決定機をことごとく逸するなど徐々に川崎Fに流れを掴まれると、62分にMF山村和也にゴールネットを揺らされるなど痛恨の先制点を献上。さらにその9分後にはMF長谷川竜也にも得点を許し、ホームで0-2の敗北を喫してしまった。

 その鹿島と同日に試合を行っていたFC東京がジュビロ磐田に、横浜F・マリノスが北海道コンサドーレ札幌にそれぞれ勝利を収めたため、鹿島はこの敗戦を受け3位に後退する形となってしまった。FC東京とは現時点で勝ち点差「3」、マリノスとは同「2」となっているため、さらにこの差を広げられてしまうと優勝はかなり遠のいてしまう。

 FC東京は今節に湘南ベルマーレと、マリノスは松本山雅とそれぞれ下位のチームと対戦するため、順当にいけばきっちりと勝利を収めてくるだろう。鹿島は広島相手に勝ち点3を奪うことが、優勝を果たす上で必須条件だと言える。

 その鹿島と対戦する広島は、現時点で勝ち点「51」を稼いでいるが、優勝の可能性はすでに消滅している。ただ、残り3試合で全勝を収め、より高い順位でシーズンを終わらせたいという思いはあるはず。リーグ戦では現在2試合勝ちなしと苦しんでいるが、14日に行われたU-22日本代表との練習試合では1-0で勝利を収めているなど、状態は決して悪くないはずだ。

 広島は鹿島と今季3度対戦しているが、1勝1分1敗の成績となっているなど実力は拮抗している。さらに広島にとって鹿島は、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で敗退に追いやられた因縁の相手。それに加えホームでの一戦ということで、こちらも死に物狂いで勝利を奪いにくるだろう。熱いゲームとなるはずだ。

 広島の注目選手はMF森島司。今季ブレイクを果たした22歳の若武者は、リーグ戦でここまでチームトップとなる7つのアシストを記録するなど攻撃陣を牽引している。未来の日本代表を背負う存在として期待されているのは間違いなく、鹿島のような実力屈指のクラブに対し、どこまで持ち味を発揮できるかに注目だ。

 対する鹿島の注目選手はMFレオ・シルバ。33歳のベテランMFは今季、負傷の影響で離脱を余儀なくされる期間もあったが、1日の浦和レッズ戦で復帰を果たすとさっそく存在感を放った。攻守両面での貢献度はもはや言うまでもない。鹿島にとって広島戦は優勝に向け最も重要な試合になるが、勝利を掴むためにはこの男の活躍は不可欠だろう。

松本山雅FC対横浜F・マリノス

注目カード(明治安田生命J1リーグ)
松本山雅FC対横浜F・マリノス 11月23日 14:00

注目選手
DF:水本裕貴(松本)
FW:仲川輝人(横浜FM)

 残留争いと優勝争いの当事者がサンプロアルウィンで激突するこの一戦も注目カードだ。お互いに目指すべき場所は違えど、勝ち点3が欲しいという思いは一緒である。

 残留争いを強いられている松本は前節、サガン鳥栖との下位対決に挑んでいる。勝てば自動降格圏を脱出することができたため、是が非でも勝ち点3が欲しい一戦となったが、松本は13分にDF金井貢史に先制ゴールを奪われるなど、いきなりビハインドを背負ってしまう。その後も鳥栖の球際の強度などで圧倒されてしまった松本は、決定機をそれほど多く作ることができず、0-1で敗北。痛すぎる勝ち点0となってしまった。

 同じく残留を争う湘南ベルマーレとジュビロ磐田がそれぞれ敗れたため、上とも下とも勝ち点差は変わらなかった。ただ、リーグ戦で5試合負けなしと好調を維持していただけに、鳥栖との直接対決に敗れたダメージは大きいだろう。今節の結果によっては16位以下が確定してしまう恐れもある。マリノスは現在2位につけるなど強敵中の強敵になるだろうが、鳥栖戦敗北のショックを引きずらず、持ち前の堅守を生かし勝ち点を奪いたいところだ。

 一方のマリノスは前節、ホームで北海道コンサドーレ札幌と対戦している。試合開始早々からエンジン全開で挑んだマリノスは、2分、4分と立て続けにFWエリキが得点を奪うなど、いきなり2点のリードを奪う。その後はFW鈴木武蔵に1点を返されるものの、23分にFW仲川輝人、70分にFWマルコス・ジュニオールが得点を挙げ大量4得点を奪取。その後は札幌の鈴木にこの日2ゴール目を浴びたものの、試合はそのまま4-2で終了している。

 マリノスはこれでリーグ戦4連勝。さらに前節、鹿島アントラーズが川崎フロンターレに0-2で敗れたため、順位も2位に浮上した。首位・FC東京とは勝ち点差「1」をがっちりキープしており、プレッシャーを与え続けている。残り試合でも継続して勝ち点を奪うことが優勝へ向けての必須条件となるが、果たして守備が自慢の松本相手にどこまで持ち味を発揮できるだろうか。

 松本の注目選手はDF水本裕貴。今季途中にサンフレッチェ広島から加入した元日本代表DFは、新チームでもさっそく主力に定着するなど実力を見せつけている。松本は現在リーグ戦で5試合連続複数得点を許していないが、その堅い守備を支えている一人が水本だ。マリノスの自慢は圧倒的な攻撃力にあるが、そのストロングポイントをどこまで封じ込めるかに注目だ。

 マリノスの注目選手はFW仲川輝人。アンジェ・ポステコグルー監督の下、目覚ましい活躍を見せている同選手は、現在リーグ戦で3試合連続ゴール中と絶好調を維持している。攻撃的サッカーを目指す同クラブにおいて欠かせないピースであることは間違いなく、切れ味鋭いドリブルと高い決定力はチームにとって大きな武器だ。松本戦でも決定的な仕事を果たしてくれるに違いない。

横浜FC対愛媛FC

注目カード(明治安田生命J2リーグ)
横浜FC対愛媛FC 11月24日 14:00

注目選手
MF:松尾佑介(横浜FC)

 待ちに待った瞬間が目前に迫っている。今季の明治安田生命J2リーグで継続して強さを発揮していた横浜FCが、実に13年ぶりとなるJ1昇格を掴みかけているのだ。

 前節にアウェイでファジアーノ岡山と対戦した横浜FCは、24分に相手のミスを突いてMF松尾佑介がゴールネットを揺らすと、その後も粘り強く戦い抜く。最後まで岡山の攻撃を跳ね返し続けた横浜FCは虎の子の1点を守り抜き1-0で勝利。アウェイで貴重な勝ち点3を奪取した。

 その横浜FCと同日に試合を行った大宮アルディージャがアルビレックス新潟と引き分けたため、両者の勝ち点差は「2」に広がった。これによって横浜FCは今節の愛媛FC戦で勝利すれば無条件で昇格決定。引き分け以下に終わっても大宮が勝利しなければ昇格が決定と、13年ぶりのJ1参戦は間近に迫っている。

 そんな重要な一戦で激突するのが愛媛FC。同クラブは現在リーグ戦2連敗中と苦戦を強いられており、残留は確定しているものの17位と下位に沈んでいる。さらにリーグにおけるアウェイ戦では現在8試合連続未勝利中と敵地でのゲームを大の苦手としている。当然、油断があってはならないが、横浜FCからすればしっかりと勝利を収めたい相手である。

 横浜FCの注目選手はMF松尾佑介。今季ブレイクを果たした22歳の若手は、前節の岡山戦でチームを昇格に大きく近づける決勝ゴールをマークしている。大事な場面での勝負強さはピカイチで、現在のチームの中で最も勢いを持っている若手と見て間違いない。愛媛FC戦では昇格を手繰り寄せる活躍を見せてほしいものだ。

 13年ぶりの昇格へ。ニッパツ三ツ沢球技場で、サポーターとともに歓喜の瞬間を迎えることができるか。

ジェフユナイテッド千葉対栃木SC

注目カード(明治安田生命J2リーグ)
ジェフユナイテッド千葉対栃木SC 11月24日 14:00

注目選手
MF:ユウリ(栃木)

 明治安田生命J2リーグの昇格争いも佳境を迎えているが、こちらからも目が離せない。同リーグにおける残留争いも、いよいよクライマックスを迎えることになる。

 FC岐阜の降格はすでに決まっており、残る自動降格圏の枠はあと1つ。現在、J2リーグ生き残りをかけて争っているのは、FC町田ゼルビア、鹿児島ユナイテッドFC、栃木SCの3クラブである。

 その中でもここ最近好調を維持しているのが栃木SCである。前節のV・ファーレン長崎戦をDF乾大和の決勝ゴールを守り抜き見事制した同クラブは、これでリーグ戦3試合負けなし。いつ21位以下が決まってもおかしくはない状況であったが、最後の最後で粘り強さを見せ、最終節まで残留の可能性を残してきた。

 直近3試合で喫した失点はわずかに「1」と、守備陣の安定感が際立っている栃木。前節は90分間でわずか3本のシュートしか放つことができなかったが、1点を奪えばそれを守り抜ける強みは持っている。

 そんな栃木が逆転で残留を決める条件はこうだ。まず、同クラブは今節で勝利を挙げなければならない。かつ、鹿児島、町田のいずれかが今節で黒星を喫することになれば、栃木の残留が確定する。

 一方で栃木が引き分け以下に終わってしまった場合は、その時点で21位が確定。仮に栃木が勝利を収めたとしても、19位・町田、20位・鹿児島の両者が勝ち点1でも積み上げた時点で同じく21位が確定する。J3の藤枝MYFCの結果によっては21位でも残留が確定する場合があるが、やはりここは自力で残留を決めたいところだ。

 そんな栃木が今節で対戦するのがジェフユナイテッド千葉。同クラブは16位に位置するなど低迷しており、残留も確定しているが、MF佐藤勇人が栃木戦で現役ラストマッチを迎える。そのため、同選手を気持ちよく送り出すためにも千葉は本拠フクダ電子アリーナで全力で勝利を目指しに来るだろう。栃木にとってはアウェイでの一戦ということもあり、ハードな戦いになることが予想される。

 残留を目指してこの試合に挑む栃木の注目選手はMFユウリ。今季途中にECバイーアから加入したブラジル人MFは激しいタックルを武器に中盤で的確にボールを刈り取ることができる存在だ。千葉相手にもそうした特長は生きるはずで、チームを残留に導く活躍が求められる。

ギラヴァンツ北九州対カマタマーレ讃岐

注目カード(明治安田生命J3リーグ)
ギラヴァンツ北九州対カマタマーレ讃岐 11月24日 15:00

注目選手
FW:町野修斗(北九州)

 明治安田生命J3リーグも、残すところ3試合となった。ここまで31試合を終え、首位に立っているのはギラヴァンツ北九州である。

 前節にアウェイでザスパクサツ群馬と対戦している北九州は、36分にMF高橋大悟が先制ゴールをマークすると、その後も粘り強く戦う。最後まで群馬の攻撃を跳ね返し続けた北九州はそのまま1-0で勝利。これでリーグ戦6試合負けなしとした北九州は勝ち点を62にまで伸ばしている。

 この結果を受け、北九州のJ2昇格の可能性がグッと高まった。今節のカマタマーレ讃岐戦で勝利することができれば、同クラブは無条件で昇格を決めることができる。さらに引き分け以下に終わっても、3位の群馬が今節で引き分け以下の成績に終われば、同じく昇格は決定する。J2復帰は時間の問題と言えそうだ。

 ただ、ホームで勝利し、昇格を決めたいという思いはあるはずだ。J3優勝も今節で決まる可能性もあるが、そのためにも勝利は必須だと言える。

 北九州の注目選手はFW町野修斗。同選手はリーグ戦直近5試合で2得点とまずまずの成績を収めており、チームの攻撃陣を牽引している。ここ2試合はゴールから遠ざかっているとはいえ、重要な試合で存在感を放つことができる選手であることは間違いない。自身のゴールで北九州を昇格へと導くことができるだろうか。

フットボールチャンネル

「J1」をもっと詳しく

「J1」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ