【東スポ杯2歳S】川田「非常に楽しみな馬」ダノンザキッドが出世レースを勝利

11月23日(月)21時59分 競馬のおはなし

東スポ杯2歳S:ダノンザキッド
東スポ杯2歳S:ダノンザキッド

 23日、東京競馬場で行われたG3・東京スポーツ杯2歳ステークスは、断然の人気に支持されたダノンザキッドが快勝。デビュー2連勝を飾った。

東スポ杯2歳S、勝利ジョッキーコメント
1着 ダノンザキッド
川田将雅騎手
「今日身体がだいぶ増えていたこととテンションがすごく高かったので、その辺に気を付けてどういうレースが出来るのかをやってみようと思いました。攻め馬で感じる以上に良い背中をしてレース中走ることが出来ますし、それがこういう走りに繋がるのだなと思いました。

どうしても前半から力みながらではありましたけどよく我慢してくれたと思いますし、リズムが取れてからも、少し進み過ぎながらではありましたが良い内容で直線まで向かえることが出来たんじゃないかなと思います。初めて競馬で乗りましたので、調教で乗った感触からは時計は出るんですが、とても乗り味が素晴らしいとかというわけではなかったので、どのくらい走れるかというのを競馬で楽しみにしてはいたんですが、こういう勝ち方をしてくれてはいますけれど、それでもまだ課題ばかりですし、これから更に良くなっていくのは間違いないと思いますので、非常に楽しみな馬だなと思っています。これから先、ますますこの馬らしく成長していってくれて、その結果が去年のコントレイルのような、そういうような馬になってくれることを期待しています。昨日もG1が一つ終わりましたが、この後もG1続きますし、何より来週ジャパンカップはとても素晴らしいメンバーで行われますので、ファンだけでは無く、競馬関係者たちもみんな楽しみにしていますので、皆さんでジャパンカップを楽しめたらと思います」

 レース結果、詳細は下記のとおり。

 23日、東京競馬場で行われた11R・東京スポーツ杯2歳ステークス(G3・2歳オープン・芝1800m)で1番人気、川田将雅騎乗、ダノンザキッド(牡2・栗東・安田隆行)が快勝した。1.1/4馬身差の2着にタイトルホルダー(牡2・美浦・栗田徹)、3着に3番人気のジュンブルースカイ(牡2・栗東・友道康夫)が入った。勝ちタイムは1:47.5(良)。

 2番人気でC.ルメール騎乗、ドゥラヴェルデ(牡2・美浦・木村哲也)は、6着敗退。

デビュー2連勝

 単勝1.7倍、川田将雅騎乗のダノンザキッドがデビュー2連勝、重賞初制覇を飾った。好スタート好ダッシュを決めて3番手の位置で流れに乗ると、そのままの隊列で直線の攻防へ。馬場の三分どころから楽な手応えで抜け出しを図り、ラストまで危なげない走りで後続を1馬身1/4差突き放した。

ダノンザキッド 2戦2勝
(牡2・栗東・安田隆行)
父:ジャスタウェイ
母:エピックラヴ
母父:Dansili
馬主:ダノックス
生産者:ノーザンファーム

【全着順】
1着 ダノンザキッド
2着 タイトルホルダー
3着 ジュンブルースカイ
4着 プラチナトレジャー
5着 ヴェローチェオロ
6着 ドゥラヴェルデ
7着 モリノカンナチャン
8着 レインフロムヘヴン
9着 モメントグスタール
10着 トーセンジャック

競馬のおはなし

「東スポ」をもっと詳しく

「東スポ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ