川崎、左眼窩底骨折の小林悠が手術…大島僚太は左ヒラメ筋肉離れで離脱

11月23日(金)10時28分 サッカーキング

川崎が小林悠(左)と大島僚太(右)の負傷について発表 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 川崎フロンターレは23日、FW小林悠とMF大島僚太の負傷について発表した。

 3日に行われた2018明治安田生命J1リーグ第31節・柏レイソル戦で左眼窩底骨折のケガを負った小林は、「症状を改善するため」、21日に川崎市内の病院で手術を受けた。練習復帰までは、手術日より4週間から6週間程度を要する見込みとなっている。

 一方、大島は20日のトレーニング中に負傷した。22日に川崎市内の病院で検査を行った結果、左ヒラメ筋肉離れと診断されている。練習復帰までは4週間から5週間程度を要する見込み。

 川崎は2試合を残してすでにJ1連覇を決めている。24日の第33節ではアウェイでFC東京と、12月1日の最終節ではホームでジュビロ磐田と対戦する。

サッカーキング

「ヒラメ」をもっと詳しく

「ヒラメ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ