残り2試合で首位交代! 次節、横浜FMには優勝の可能性が/J1第32節

11月23日(土)18時5分 サッカーキング

松本に勝利した横浜FMが今シーズン初の単独首位に浮上した [写真]=J.LEAGUE

写真を拡大

 23日、明治安田生命J1リーグ第32節が各地で行われた。

 首位のFC東京は、16位湘南ベルマーレと対戦。J1残留を争う相手に勝ち点3を掴みたかったFC東京だが、前半に先制を許し試合終盤までリードを奪われる展開に。後半アディショナルタイムにDF森重真人の劇的なゴールで追いついたものの、約3ヶ月ぶりのホームで痛恨のドローとなった。

 2位につけていた横浜F・マリノスも、J1残留を争う17位松本山雅FCと対戦。ただ、こちらは10月の月間MVPにも選出されたFW仲川輝人が試合開始早々に先制点をゲット。このまま仲川の今シーズン14得点目を守り抜きアウェイで勝利を収めた横浜FMが、FC東京を抜き今シーズン初の単独首位に浮上した。

 3位鹿島アントラーズは、アウェイでサンフレッチェ広島と対戦するも、スコアレスドロー。逆転優勝の可能性は残っているものの、首位との勝ち点差は4に開いてしまった。

 一方の残留争いでは、今節降格が決まる可能性があった最下位ジュビロ磐田が、北海道コンサドーレ札幌との激戦を制し勝ち点3を獲得。J1プレーオフ参入圏内の16位フィニッシュへ、望みをつないだ。

 J1リーグは残り2試合となり、首位横浜FMと2位FC東京の勝ち点差は1。そのため、次節横浜FMが川崎フロンターレに勝利し、FC東京が浦和レッズに黒星を喫すると、横浜FMの2004年以来15年ぶりとなるリーグ優勝が決まる。

 今節の結果と順位表は以下の通り。

■J1第32節
浦和レッズ 0−2 川崎フロンターレ(※11/5に開催)
ヴィッセル神戸 1−0 セレッソ大阪
北海道コンサドーレ札幌 1−2 ジュビロ磐田
FC東京 1−1 湘南ベルマーレ
松本山雅FC 0−1 横浜F・マリノス
清水エスパルス 1−1 大分トリニータ
名古屋グランパス 0−0 サガン鳥栖
サンフレッチェ広島 0−0 鹿島アントラーズ
ガンバ大阪 2−0 ベガルタ仙台

■J1順位表
1位 横浜F・マリノス(勝点64/得失点差+24)
2位 FC東京(勝点63/得失点差+20)
3位 鹿島アントラーズ(勝点60/得失点差+25)
4位 川崎フロンターレ(勝点57/得失点差+25)
5位 セレッソ大阪(勝点53/得失点差+11)
6位 サンフレッチェ広島(勝点52/得失点差+16)
7位 大分トリニータ(勝点47/得失点差+4)
8位 北海道コンサドーレ札幌(勝点43/得失点差+4)
9位 ガンバ大阪(勝点41/得失点差2)
10位 ヴィッセル神戸(勝点41/得失点差−3)
11位 ベガルタ仙台(勝点38/得失点差−8)
12位 名古屋グランパス(勝点37/得失点差−3)
13位 浦和レッズ(勝点36/得失点差−15)
14位 サガン鳥栖(勝点36/得失点差−18)
15位 清水エスパルス(勝点36/得失点差−24)
16位 湘南ベルマーレ(勝点32/得失点差−24)
17位 松本山雅FC(勝点30/得失点差−16)
18位 ジュビロ磐田(勝点28/得失点差−20)

■J1第33節対戦カード(11月30日)※全試合14時キックオフ
ベガルタ仙台 vs 大分トリニータ
鹿島アントラーズ vs ヴィッセル神戸
FC東京 vs 浦和レッズ
川崎フロンターレ vs 横浜F・マリノス
湘南ベルマーレ vs サンフレッチェ広島
ジュビロ磐田 vs 名古屋グランパス
ガンバ大阪 vs 松本山雅FC
セレッソ大阪 vs 清水エスパルス
サガン鳥栖 vs 北海道コンサドーレ札幌

サッカーキング

「J1」をもっと詳しく

「J1」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ