【東スポ杯2歳S予想】穴なら「関東馬」「新馬負け」 ダノンザキッド強力でも絞って好配当

11月23日(月)9時0分 SPAIA

2020年東京スポーツ杯2歳ステークスのデータインフォグラフィックⒸSPAIA

ⒸSPAIA

穴党に出番はあるのか?

11月23日に東京競馬場で行われるのは東スポ杯2歳S。昨年の勝ち馬コントレイルを始め、数々の名馬がここからGⅠ馬へと羽ばたいていったレース。今年は「ダービー最有力候補」の呼び声高いダノンザキッドを中心とした少頭数の一戦となった。
さて、普段なら「近走で実力を発揮できなかった馬」の巻き返しに注目して東スポ杯2歳Sの穴馬を探していくのだが、今回ばかりは正直、穴党には出番がないような気がしてならない。ちなみに過去10年で11頭立て以下だった年は4度あるが、5番人気以下【0-0-1-19】という成績…。
予想に入る前から万策尽きた思いだが、諦めずに「お宝馬」が眠っている可能性がないか探ってみよう。

チャンスがあるとすれば…

今回の注目馬に入る前に、東スポ杯2歳Sの過去10年データをざっと見てみよう。特徴的なものは大きく2つ。


1つは前走着順。大物が数々出ているレースらしく、能力で劣る馬が展開の紛れで馬券になる、というケースは極めて少ない。前走1着馬は複勝率30.1%、2着馬は26.7%。3着以下は3.6%と格段に落ちる。

前走着順


また、回収率でも前走1着馬が単81/複105と前走2着、3着以下を大きく離している。(多頭数の年を中心に)荒れることもなくはないレースだが、穴を開けるのも前走1着馬。馬券の上では許容しても前走2着までか。
もう1つの傾向は東西比較。連対率で比較すると関東馬15.5%、関西馬15.1%とほぼ互角なのだが、回収率では関東馬が単80/複110に対し、関西馬は単33/複33しかない。関西馬は人気馬しかこない。評価が先行しやすいということだろうか。穴なら関東馬からチョイスしたい。

所属別

2歳重賞の高回収率ローテ

今回の注目馬はプラチナトレジャー。前段で紹介した「前走1着」「関東馬」というポイントはまず満たす。
札幌で迎えた新馬戦は口向きの悪さを全開にし、1角で逸走気味。なんとか形だけは1周ちゃんと回ってきたが、まともにレースができていたとは言い難い。2戦目の前走は左回りの東京に替わってキッチリと差し切り。不良馬場で上がりタイム自体は遅いが、中盤に13秒台を3度刻む緩い流れを後方から勝った点は評価できる。
2歳重賞において、新馬戦で負けている馬は実力より不当に人気が落ちる傾向が見られる。過去10年の2歳重賞で「新馬勝ち直後」の臨戦だった馬は回収率が単83/複79に対し、「新馬負け、2戦目勝ち上がり直後」の臨戦だった馬は単106/複95とオイシイ。また、2戦目勝ち上がりが「逃げ切り以外」だった場合は単139/複105とさらによい。

2歳重賞ローテ別


プラチナトレジャーはこの「2歳重賞高回収率ローテ」に、出走予定馬で唯一合致する。穴を開ける馬がいるとしたらこの馬ではないだろうか。

強烈だったダノンザキッドの新馬戦

と、ここまで御託を並べてきたのだが、本命は結局ダノンザキッドとする。冒頭で述べたように、少頭数の東スポ杯で穴から入るのはやはり無謀と判断した。人気馬しかこない関西馬だが、この馬は文句なしの人気馬。減点する必要はないだろう。
ダノンザキッドの前走勝ち時計1.48.3は、新馬戦時期が早まってからの6月阪神芝1800m新馬としては史上最速。ちなみに2位タイのダノンプレミアム、アーネストリーはともにのちのGⅠ馬だ。ダノンザキッドはこのタイムをラスト200mほど全く追わずにマーク。超優秀な内容といっていい。補足すると、このときの3馬身差2着ワンダフルタウンも次走で未勝利戦を8馬身差圧勝している。
注目馬としたプラチナトレジャーは対抗評価。点数を広げても仕方がないので、基本的にはこの2頭を中心としたい。3番手にも「前走1着」「関東馬」に該当するドゥラヴェルデ。新潟とはいえ前走の上がり33.1は特筆すべき数字。
タイトルホルダーも「前走1着」「関東馬」だが、中山でスローの新馬戦を逃げ切って今回が東京芝1800m、大幅な相手強化。一気に条件が厳しくなるので無印にする。前走2着で関西馬のジュンブルースカイも取り立てて買う材料がないか。せっかくの少頭数なので今回は3頭に絞ってみようと思う。
▽東スポ杯2歳S予想▽
◎ダノンザキッド
〇プラチナトレジャー
▲ドゥラヴェルデ


SPAIA

「東スポ」をもっと詳しく

「東スポ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ