韓国メディア、日本ロッカールーム清掃を選手がしたのかスタッフがしたのかに関心…スタンド清掃も詳報

2022年11月24日(木)23時0分 スポーツ報知

試合後、スタンドのゴミ拾いをした日本サポーターが集められ、会場の清掃ボランティアから感謝の言葉を伝えられる(カメラ・宮崎 亮太)

写真を拡大

 カタールW杯の初戦で、ドイツに逆転勝ちした日本代表とサポーターの振る舞いに、隣国・韓国も注目している。

 試合後のロッカールームをぴかぴかに片づけ、折り鶴とお礼のメッセージを残したサムライブルー。「歴史的勝利の後、彼らはこのようにきれいにして、ロッカールームを後にした」。国際サッカー連盟(FIFA)の公式ツイッターで、日本代表が使った試合後のロッカールームの写真が公表された。備品や水をまとめて置き、ごみ一つ見当たらない様子を「ぴかぴかだ」と表現した。

 韓国・朝鮮日報は電子版で複数の写真を用いて紹介。前回ロシア大会でも話題になったことを紹介しつつ、清掃をしたのが選手なのか、スタッフなのかに注目をしているよう。 ロシア大会後の会見で、当時の主将・長谷部誠が、清掃していたのはスタッフと語っていたことを説明。「今回、日本の選手たちが自ら掃除をしたのか、正確には分からない。日本代表チームの公式TwitterアカウントはFIFAの投稿をリツイートした後、ほうきの絵文字を一緒に投稿した」と記した。

 さらにすっかりおなじみになった日本サポーターによるスタンド清掃にも注目。写真入りで伝え、諸外国のメディアがサポーターの行動を称賛していることを紹介している。

スポーツ報知

「清掃」をもっと詳しく

「清掃」のニュース

「清掃」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ