羽生結弦、NHK杯で優勝! ショート直前に見せた“リラックス・スマイル”

11月25日(月)17時0分 週刊女性PRIME

羽生結弦 撮影/坂本清

写真を拡大



「プレッシャーはあるし、期待されるだろうけど、それは結果としてついてくるもの。期待に応えたい気持ちはある」

 まさに有言実行! フィギュアスケートのグランプリシリーズ第6戦となるNHK杯が行われ、羽生結弦が合計305・05点で見事、優勝を飾った。

■3シーズンぶりのファイナル出場へ!



「ジャンプはまだまだできることが結構あったので、練習が足りないんだなと思います」

 悔しさをにじませたショートだが、結果は自身の世界記録にわずかに及ばない109・34点という高得点。翌日のフリーは195・71点をマークし、唯一の300点超えで圧勝した。

「今大会、たくさんのエネルギーをいただけたので、それをバネにまた頑張りたい」

 次戦はグランプリファイナル(12月6日〜8日)で、今年3月の世界選手権で敗れたネイサン・チェンとの一騎打ちが濃厚。リベンジを果たし世界の頂点へ、レッツ・ゴー、ゆづ!

週刊女性PRIME

「羽生結弦」をもっと詳しく

「羽生結弦」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ