ナポリ会長、スタジアム名を変更する可能性を示唆…「マラドーナ」を追加か

11月26日(木)22時4分 サッカーキング

かつてナポリに所属していたマラドーナ氏 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 元アルゼンチン代表FWディエゴ・マラドーナ氏の逝去を受け、同氏が現役時代に所属していたナポリはスタジアム名の変更を検討しているという。26日、『スカイスポーツ』が伝えた。

 報道によると、ナポリは24日に60歳で亡くなったマラドーナ氏に敬意を表して、スタジアム名を変更する可能があるという。同クラブのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が「我々のスタジアムを『スタディオ・サンパオロ・ディエゴ・アルマンド・マラドーナ』に変更することを考えている」と明かした。同会長はさらに「まだ仮定の話だが、すぐに実行できるだろう。我々はファンと意見が一致することを望んでいる」と付け加えた。

 1984年から1991年までの7年間をナポリでプレーしたマラドーナ氏は、公式戦188試合に出場して81ゴールを記録。“10番”を背負い、1987年と1990年にはチームにセリエAのタイトルをもたらす活躍を見せていた。

サッカーキング

「スタジアム」をもっと詳しく

「スタジアム」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ