イラン指揮官「応援されるに値する」…“歴史的勝利”も、抗議デモめぐり国歌斉唱時にはブーイング

2022年11月26日(土)9時55分 サッカーキング

試合後にコメントを残した、イラン代表のケイロス監督 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 FIFAワールドカップカタール2022・グループBの第2節が25日に行われ、イラン代表がウェールズ代表を2−0で下した。試合後、イラン代表のカルロス・ケイロス監督がインタビューに応じ、その内容を25日付けでイギリスメディア『BBC』が伝えている。

 一進一退の攻防が繰り広げられた試合は、後半終盤の86分にウェールズ代表GKウェイン・ヘネシーが一発退場を強いられる。すると、アディショナルタイムの98分にDFルーズベ・チェシュミーが強烈なミドルシュートをゴール右下に突き刺し、イラン代表が先制に成功。その3分後には、カウンターからDFラーミーン・レザーイヤーンが勝負を決める2点目を沈めた。イラン代表はウェールズ代表に2−0と完封勝利し、ヨーロッパ勢との対戦成績が2分7敗と未勝利だったW杯で嬉しい初白星を手にした。

 試合後、イラン代表のケイロス監督は、チームが決勝トーナメント進出に望みをつないだことに対して喜びを表した。

「今日は素晴らしい一日だった。我々はサッカーに戻ってきたんだ。選手たちには感謝の言葉しかない。本当に素晴らしかったし、あらゆる注目と尊敬に値するよ」

 ケイロス監督が「サッカーに戻ってきた」と語った背景には、イラン国内で続く抗議デモをめぐる一連の動きがあった模様。イランでは、髪の毛を覆うヒジャブの着用を義務付けた法律に違反したとされる女性が警察に逮捕され、その後に死亡する事件が発生し、これをきっかけに抗議デモが広がっていた。イラン代表は、21日に行われたグループBの第1節・イングランド代表戦(● 2−6)で、試合前の国歌斉唱を行わず。抗議デモへの連帯を示したとみられていた。しかし、ウェールズ代表戦の試合前は、一転して国歌を斉唱。静かな歌い方ではあったが、イランサポーターからはブーイングも聞こえていた。

 こうした問題をケイロス監督も憂慮していたようで、「人々は、選手たちが純粋にサッカーをすることが好きなんだと理解するだろう」とコメント。イラン国民へのメッセージを求められた同指揮官は「選手たちは応援されるに値するんだ。我々は、彼ら(国民)のために全力を尽くした。それが、我々がここにいる唯一の理由だからだ。国民のため、ファンのためにプレーするんだ」と語った。

 決勝トーナメント進出を目指すイラン代表は、29日にアメリカ代表とグループステージ最終戦を戦う。

サッカーキング

「抗議デモ」をもっと詳しく

タグ

「抗議デモ」のニュース

「抗議デモ」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ