ベッテル「もしF1を辞めるなら2度と戻らない」と決心を明かすも、繰り返される引退の噂を否定

11月28日(木)18時25分 AUTOSPORT web

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、もし彼がF1から引退する時はその決心が変わることはなく、F1に復帰することはないと明らかにした。


 32歳で4度のF1世界チャンピオンであるベッテルは、厳しい2019年シーズンを締めくくろうとしている。ベッテルは、2019年はチームメイトであるシャルル・ルクレールとの戦いによるプレッシャーや、それに誘発されたいくつかの痛恨のミスで加わったプレッシャーと戦わなければならなかった。


 ドイツの通信社『DPA』とのインタビューで、F1にいるには年を取り過ぎたかと聞かれたベッテルは、モータースポーツの最高峰であるF1における12年間のレース生活の後でも、彼のモチベーションは損なわれていないと主張した。


「年齢については、他のスポーツほど僕たちにとって決定的で重要なものだとは思っていない」とベッテルは語った。


「もし十分に優秀なら、まだ十分に若いということだ。12年後のある時点で、今後何が起きるのかについて考えるようになる」


 ベッテルは、次に何をするのかあらかじめ計画してから、自身のやり方でレース人生を終えることが彼にとって重要なのだと主張した。


「つまり、自分が決定に満足して、『もう十分だ』と言える状態であることだ」


「将来の計画がないのに、自分の人生にとってこれほど重要なことを辞めるというのは、良い考えだとは思わない」


 ベッテルとフェラーリとの現行の契約は2020年末までとなっている。彼がいつF1のパドックを去るのかにかかわらず、選択は最終的なものになる。


「僕にははっきりしている。もし辞めるなら、僕はそこで終わりにして2度と戻らない。満足して『これで終わりだ』と言えるようでなければならない」


 しかしベッテル自身は、評論家の予測をよそに引退の計画は選択肢にないと主張している。ベッテルのファンは安心していいだろう。


AUTOSPORT web

「引退」をもっと詳しく

「引退」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ