清水からレンタル中の平岡康裕、仙台へ完全移籍加入…今季はJ1で28試合出場

11月28日(月)15時25分 サッカーキング

今季のJ1では28試合に出場したDF平岡康裕 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 ベガルタ仙台は28日、清水エスパルスから期限付き移籍中のDF平岡康裕が来季より完全移籍で加入することが決まったと発表した。

 平岡は1986年生まれの30歳。清水商業高校出身で、2005年に清水へ加入した。2008年にはコンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)への期限付き移籍を経験。同シーズンを除き、清水で計10年間に渡ってプレーしていた。今季は仙台へ期限付き移籍で加入し、明治安田生命J1リーグでは全34試合中28試合に出場。ヤマザキナビスコカップ(現・JリーグYBCルヴァンカップ)では5試合、天皇杯では1試合に出場した。

 完全移籍への移行にあたって、平岡は仙台の公式HPを通じて以下のようにコメントしている。

「今シーズン応援ありがとうございました。このたび完全移籍でベガルタ仙台に加入することになりました。来シーズンはさらにサポーターのみなさんと一緒に喜びを分かち合う機会をさらに増やせるよう頑張ります。よろしくお願いいたします」

 また所属元の清水に対しては、同クラブの公式HPにて以下のようにメッセージを寄せている。

「来シーズンからベガルタ仙台に完全移籍することになりました。清水エスパルスで過ごした10年間は自分にとってかけがえのない、すごく充実した毎日でした。このクラブで学んだことを新しいチームで発揮したいと思います。本当にありがとうございました」

 仙台は25日、平岡と同じく期限付き移籍中だったMF三田啓貴について、FC東京からの完全移籍加入を発表している。

サッカーキング

「移籍」をもっと詳しく

「移籍」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ