“ドイツの逸材”の未来はスペインの2強? 代理人がレアル&バルサの接触を認める

11月28日(木)21時49分 サッカーキング

レアル・マドリードとバルセロナが接触をはかった、レヴァークーゼンのハフェルツ [写真]=Getty Images

写真を拡大

 レヴァークーゼンに所属するドイツ代表MFカイ・ハフェルツに、レアル・マドリードとバルセロナが接触したようだ。27日に、スペインメディア『アス』が報じている。

 今最もホットな若手選手の一人であるハフェルツ。“ドイツの逸材”の元には、いくつかのビッグクラブからオファーが舞い込んでいるという。

 今回の報道によると、そのビッグクラブの中にはスペインの2大巨頭であるレアル・マドリードとバルセロナも含まれているという。ハフェルツの代理人が、両クラブの接触を認めたようだ。

 ハフェルツは今シーズン、ブンデスリーガで10試合に出場し、2ゴール1アシストを記録している。元ドイツ代表MFギュンター・ネッツァー氏が「正しい場所に身を置くこと」と助言するほどの期待を受ける20歳の若者は、スペインを代表する2つのクラブのいずれかに移籍することになるのだろうか。

サッカーキング

「ドイツ」をもっと詳しく

「ドイツ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ