2020年に向けて始動したMotoGP。テストで見えた6メーカーの狙い【ホンダ・ドゥカティ・アプリリア編】

11月29日(金)21時53分 AUTOSPORT web

 イギリス在住のフリーライター、マット・オクスリーが2020年MotoGPテストを分析。MotoGP最終戦バレンシアGP後には同地でオフィシャルテストが2日間行われた。現場で取材したオクスリーがホンダ、ヤマハ、スズキ、ドゥカティ、KTM、アプリリアの2020年に向けた狙い分析する。前編はホンダ、ドゥカティ、アプリリアについて。


ーーーーーーーーーー


 2020年シーズンのMotoGPの戦いはバレンシアで始まった。バレンシアではほとんどのファクトリーが異なるシャシーとアップグレード版エンジンを公開したのだ。


 バレンシアテストでのラップタイムは、ほとんど重要ではないため、あまり真剣に捉えない方がいい。バレンシアは、仕上げられたMotoGPバイクが完全に性能を発揮できるタイプのコースではない。それに、タイムを出すには路面が最高の状態に時にソフトタイヤで走行することが肝心なのだ。ラップタイムは3月8日の開幕戦カタールGPまでは重要ではない。


 ファクトリーチームは2020年シーズンに向けて何に取り組んでいるのだろうか? 彼らは2018年と同じことか、その同じことの組み合わせについて取り組んでいる。それは、ブレーキング中のリヤグリップを維持し、ライダーがフロントブレーキをリリースした時にバイクがターンするようにすることだ。そしてバイクがコーナー中盤を速く曲がり、スロットルをすぐに開いてリヤタイヤにエンジンのトルクカーブを合致させ、コーナー立ち上がりの際のトラクションとタイヤライフを改善することだ。


 ほぼすべてのファクトリーチームが新たなフレームをバレンシアに持ち込んでいたが、そのすべてが設定された目標や、その一部に基づいてデザインされたものだ。また、6つのファクトリー中、5ファクトリーが異なるエンジンを試していた。なぜなら彼らの目標は2020年のエンジン仕様を2020年最後のへレステストで最終決定することにあるからだ。そうすれば十分な状態のエンジンを2月にテストすることができる。


■コーナー中盤の改善にポジティブなドヴィツィオーゾ


 ドゥカティはアルミニウム製フレームの開発過程において新たな一歩を踏み出しているところだ。目標はいつもと同じだ。コーナー中盤でライダーを速くコーナリングさせ、立ち上がりの段階に素早く備えさせて、デスモセディチGPの偉大な強みである、野獣のような馬力をすぐに使えるようにするのだ。


 アンドレア・ドヴィツィオーゾはこの点における改善を何年も求めていたが、彼は2020年のプロトタイムフレームが良いものだとポジティブでいる。


「シャシーの違いを感じられるのはいいね」とドヴィツィオーゾは語った。「コーナー中盤では前より少し良くなったようだ。それにうまく曲がれば、立ち上がりもいつもうまくいく」


 同時にドゥカティはコーナー立ち上がりの段階をさらに改善しようと取り組んでいる。スムーズなパワー伝達を行うことで、ミシュランのリヤスリックにより合うようにしようとしているのだ。

MotoGP最終戦バレンシアGPのドゥカティ・デスモセディチGP
MotoGP最終戦バレンシアGPのドゥカティ・デスモセディチGP
MotoGPバレンシアテストに登場したドゥカティ・デスモセディチGP
MotoGPバレンシアテストに登場したドゥカティ・デスモセディチGP


「僕たちはどのバンク角でどのように最大限のパワーをバイクにもたらせるか理解しているところだ」とプラマック・レーシングのジャック・ミラーは語った。


「全体的によりスムーズになるようにしている。特にスムーズなミシュランタイヤに合わせてね。それから中古タイヤを履いている時に、どれだけバイクの安定性を上げられるかについても学んでいる。バイクから最大限のアドバンテージを引き出すのに一番重要な方法は、リヤタイヤをできる限りスムーズに扱うことだ。そして僕たちはエッジのグリップを増やして、さらにコーナリングができるようにしようとしている」


 いつものように、ドゥカティは新たな空力については3月のカタールテストまで明らかにするつもりはない。ライバルのファクトリーチームが冬の間にドゥカティの空力をコピーできないようにするためだ。


■扱いやすさを目指すホンダ


 ホンダは多くの異なるシャシーをマルク・マルケス、カル・クラッチロー、テストライダーのステファン・ブラドルに代わる代わる使わせていた。HRC(ホンダ・レーシング)はホンダRC213Vを、特にコーナーで扱いやすいバイクにすることに専念している。シャシーの挙動とネガティブなトルク挙動の両方を通してだ。


 実際のところ、第15戦タイGPでマルク・マルケスがタイトルを獲得して以来、HRCは準2020年テストモードだった。最終戦バレンシアGPでのレースウイークでマルク・マルケスは、新しいフレームを異なるステアリングヘッドとともに、リヤエンジンハンガーなしの状態でテストした。


 クラッチローは同じフレームと、すべて異なるステアリングヘッドを含む2020年型のさまざまなパーツを、リヤハンガーとともにテストした。HRCはコーナリングのしやすさと、乗り心地の良さ、そしてコーナー進入時のリヤタイヤの接地改善を期待している。


「2019年のバイクと比べて、ブレーキングゾーンでより強力になることを期待している」と新たな空力も評価したクラッチローは語った。「新たなバイクで一歩前進できた。フロントには期待を感じている。2019年さらに苦労したところだからね」

2019年シーズンのホンダRC213V
2019年シーズンのホンダRC213V
MotoGPバレンシアテストに登場したホンダRC213V
MotoGPバレンシアテストに登場したホンダRC213V


 マルク・マルケスとブラドルは、ふたりともテスト初日にプロトタイプバイクで転倒してしまった。原因は、単にコースが冷えすぎていたのだ。


「僕たちは2020年型のバイクを一歩一歩進めている。完成された2020年型バイクではなくね。でも出発点は良い感じだ」と過去7年で6度のMotoGPタイトルを獲得したマルク・マルケスは語った。


「金曜日に試した新しいシャシーを気に入ったし、それから違うものも同じように試した。僕とカル(・クラッチロー)は違う作業をしている。ホンダがさまざまなことを理解できるようにね」


 マルク・マルケスの2020年のチームメイトであるアレックス・マルケスは、MotoGPキャリアをLCRのガレージで始め、クラッチローの2019年型バイクで走行した。アレックス・マルケスは、非常に温度が低いコースでテスト1日目を早く始めすぎるというミスを犯してしまった。反時計回りのコースの数少ない左コーナーのひとつで転倒してしまったのだ。


「アレックスは転倒した最初のライダーのひとりだ。僕は、『彼はミシュランタイヤとMotoGPバイクがとても寒いコンディションでどうなるかを知らないんだ!』と言ったよ」とマルク・マルケスは語った。


 転倒を喫したものの、Moto2チャンピオンのアレックスは十分満足だった。「MotoGPバイクのパワーは驚くべきものだ。でも大きな違いは、これがカーボン製ブレーキだということだ。だからこれの使い方を学ばなければならない。それとタイヤと電子制御についてもね」とアレックス・マルケスは語った。


「あの時点では快適にバイクに乗れていると感じていたが、限界を探り始めたら問題が起きるかもしれないことは分かっていた。僕は学びと成長を続けていく必要がある。3月のカタールでの最初のレースがどうなるかそのうち分かるよ」


■完全新設計のV4エンジンに注力するアプリリア


 アプリリアが現時点で主な焦点を置いているものは、イタリアのノアーレのファクトリーにある。そこでチーフエンジニアのロマーノ・アルベシアーノが2020年に向けて、完全に新しいV4エンジンを作っているところだ。


 バレンシアでチームは様々な新パーツをテストしたが、2020年に向けたアプリリアの本当のテストプログラムは、2月のセパンテストで新型バイクが登場するまでは始まらないだろう。

バレンシアテストでアプリリアRS-GPを走らせるアレイシ・エスパルガロ
バレンシアテストでアプリリアRS-GPを走らせるアレイシ・エスパルガロ


AUTOSPORT web

「MotoGP」をもっと詳しく

「MotoGP」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ