JAL国際線機内食「AIRスープストックトーキョー」提供開始

11月29日(木)7時0分 J-CASTニュース

スープストックトーキョーと5回目のコラボ!

写真を拡大

日本航空(JAL)は、国際線機内食「AIRスープストックトーキョー」の提供を2018年12月1日に開始する。

「白いんげん豆とベーコンのミネストローネ」を提供



人気の機内食「AIRシリーズ」の第30弾は、スープストックトーキョー(東京都目黒区)と5回目のコラボレーション。オリジナルメニューの「白いんげん豆とベーコンのミネストローネ」を提供する。南イタリアの太陽をたっぷりと浴びた、甘くて味の濃いトマトのみを厳選して使用し、白いんげん豆、ベーコンと一緒に、具沢山のミネストローネに仕上げた。



成田発の便では、シカゴ、ダラス・フォートワース、ボストン、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンディエゴ、バンクーバー、フランクフルト、ヘルシンキ、シドニー、メルボルン行きが対象。羽田発では、ニューヨーク、サンフランシスコ、ロンドン、パリ行きが対象となる。また、関西発の対象路線はロサンゼルス行きのみ。いずれの路線も到着前の2度目の食事として、19年2月28日まで提供される。

J-CASTニュース

「機内食」をもっと詳しく

「機内食」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ