ホームで痛恨の敗戦…鹿島MF永木、逆転優勝には「割り切ってやるしかない」

11月29日(火)21時43分 サッカーキング

 明治安田生命2016Jリーグチャンピオンシップ決勝の第1戦が29日にカシマスタジアムで行われ、鹿島アントラーズと浦和レッズが対戦した。試合は57分に浦和MF阿部勇樹がPKを決め、1−0で浦和が勝利を収めた。

 フル出場しながらもホームで痛い敗戦を喫した鹿島MF永木亮太は、試合後のテレビインタビューで「切り替えていくしかない」と一言。一方で、本人が「内容自体は悪くなかった」と語ったとおり、浦和に決定機を作られる場面は少なかった。「(今日も)点を取れるチャンスはあったので、次はそこを決めきれるように修正して勝たないといけない」と第2戦での巻き返しを誓った。

 第2戦はアウェーの埼玉スタジアムで行われる。鹿島のファン・サポーターに向けて「自分たちは2点を取って勝つしかないので割り切ってやるしかない。サポーターのみなさんたちにもしっかりと応援してもらって優勝したい」とコメントした。

 決勝第2戦は12月3日19時30分にキックオフされる。

サッカーキング

「優勝」をもっと詳しく

「優勝」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ