ベッテル、クラッシュでギヤボックスを交換「予期せぬスピンに驚いた」:フェラーリ F1アブダビGP

11月30日(土)15時26分 AUTOSPORT web

 2019年F1アブダビGPの金曜、フェラーリのセバスチャン・ベッテルはフリー走行1=5番手/2=4番手だった。FP1では1分38秒906(ミディアムタイヤ)、FP2では1分36秒691(ソフトタイヤ)を記録した。


 FP1終盤、ベッテルはターン19でスピンを喫してバリアにクラッシュ、その場でマシンを止めた。FP2の前にギヤボックスが交換されたが、これはレース用ギヤボックスでないためペナルティは受けない。

2019年F1第21戦アブダビGP クラッシュしたセバスチャン・ベッテルのフェラーリSF90
2019年F1第21戦アブダビGP クラッシュしたセバスチャン・ベッテルのフェラーリSF90


■スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ

セバスチャン・ベッテル フリー走行1=5番手/2=4番手

 このサーキットの中低速コーナーではライバルと比較してまだスピードが足りていない。セクター3で大きくタイムを失っている。タイヤの温度が上がり、マシンがドライブしづらい状態になるんだ。でも限界ぎりぎりの走りをしているときには、どんなマシンであっても走るのが難しくなるものだし、そうした状態で走るために僕らはここにいる。


 堅実な週末を過ごすために全力を尽くしていく。セットアップをさらに改善することができると思うから、その上で日曜にいい戦いができるかどうかを見ていこう。


 今日はバリアにぶつかった。スピンするなんて予期していなかったのでちょっと驚いた。リヤをしっかりコントロールしなければならないことは分かっていたが、うまくいかなかったんだ。少しついてなかったが、ダメージを受けたのは(ホイール)リムだけだったよ。


AUTOSPORT web

「フェラーリ」をもっと詳しく

「フェラーリ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ