J1、J2プレーオフ、J3今週末の見どころは? ジュビロ磐田は降格回避なるか。マリノスの優勝決定は?【編集部フォーカス】

11月30日(土)8時0分 フットボールチャンネル

ジュビロ磐田対名古屋グランパス

 明治安田生命Jリーグは今週末、J1第33節、J3第33節、J1参入プレーオフ1回戦を迎える。今季のJリーグも残すところあとわずか。優勝争いや残留争いも佳境を迎えている。その中で、今節はどのような対戦カードが組まれているのか。注目試合や選手、見どころをピックアップした。

——————————

注目カード(明治安田生命J1リーグ)
ジュビロ磐田対名古屋グランパス 11月30日 14:00

注目選手
FW:川又堅碁(磐田)

 ジュビロ磐田にとって、明治安田生命J1リーグ第33節の名古屋グランパス戦は残留を懸けた大一番になる。舞台はヤマハスタジアム。多くのサポーターが詰めかけると予想される試合で、果たしてどのようなパフォーマンスを見せるか。

 磐田は前節、アウェイで北海道コンサドーレ札幌と対戦している。負ければ降格が確定するという状況で、磐田は26分にMFアダイウトンが先制ゴールを奪うなど幸先良いスタートを切る。しかし、試合終盤にMF深井一希に痛いゴールを許し、勝ち点3獲得目前で同点に追いつかれてしまった。

 それでもドラマは待っていた。後半ATにMF荒木大吾がペナルティエリア内で倒され、磐田にPKが与えられる。これを荒木自らが沈め、土壇場で勝ち越しに成功。試合はこのまま2-1で終了している。

 アウェイで貴重な勝ち点3を奪った磐田はこれで勝ち点を28にまで積み上げ、残留に向け首の皮一枚繋げる結果になった。リーグ戦直近5試合の成績は2勝1分1敗とまずまずで、チームの調子はここにきて上がっていると言えるだろう。

 ただ、残留に向けて厳しい状況にあるのは変わりない。磐田は今節の名古屋戦で引き分け以下の成績に終わると、他会場の結果に関係なく降格が確定する。さらに今節で勝利を収めたとしても、16位・湘南ベルマーレがサンフレッチェ広島から勝利を奪うと、同じく降格が決定することになる。

 対戦相手の名古屋は自動降格圏転落の可能性こそ残していないが、J1参入プレーオフ出場圏である16位に転落する可能性は残している。ただ、勝ち点1でも積み上げることができればほぼ残留が確定するため、当然だが磐田には全力で挑んでくるだろう。また、名古屋は現在リーグ戦2試合負けなし中。同2試合で無失点を記録するなど、調子は上がってきている。磐田にとっては厄介な相手になるだろう。

 磐田の注目選手はFW川又堅碁。同選手は今季、怪我の影響でリーグ戦出場が8試合のみとなっているが、チームのエースとして決定的な仕事を果たすことが求められているのは間違いない。古巣相手から得点を奪い、チームを残留に導くことができるだろうか。

川崎フロンターレ対横浜F・マリノス

注目カード(明治安田生命J1リーグ)
川崎フロンターレ対横浜F・マリノス 11月30日 14:00

注目選手
FW:マルコス・ジュニオール(横浜FM)

 前節に松本山雅FCとアウェイで対戦した横浜F・マリノス。2004年以来となるリーグ制覇を果たすためにも勝ち点3獲得が必須という試合で、同クラブは2分にFW仲川輝人が先制ゴールをマークするなど早い時間にリードを奪う。その後も松本に対し決定的なシーンをほとんど作らせなかったマリノスは、追加点こそ奪うことができなかったがそのまま1-0で勝利。リーグ戦5連勝を果たした。

 そのマリノスと同日に試合を行っていたFC東京がホームで湘南ベルマーレと引き分けたため、勝ち点3を積み上げたマリノスが首位に浮上することとなった。2位のFC東京とは勝ち点差が「1」のため、当然油断はできない状況であるが、優勝への期待感は着実に高まっていると言えるだろう。

 マリノスが今節で優勝を決めるには、自分たちが勝利し、FC東京が浦和レッズに敗れるのが絶対条件だ。仮に今節で引き分け以下の成績に終わると、FC東京の結果によっては再び2位に転落する恐れがある。そのため、今節で優勝を決めることができなくても、首位の座を守るためには勝ち点3の獲得が必須と言える。

 しかし、そんなマリノスの前に立ちはだかるのは4位・川崎フロンターレ。J1リーグ連覇中の川崎Fは、今季優勝の可能性こそすでに消滅しているが、リーグ戦では現在3連勝中と勢いがある。リーグ戦過去5試合の対戦成績を見ても、マリノスは川崎Fに一度も勝てていない。アウェイ戦では2連敗中と相性が悪いのだ。リーグ制覇を目指すマリノスにとって、今節の「神奈川ダービー」が一つの山場と言えるだろう。

 そんなマリノスの注目選手はFWマルコス・ジュニオール。今季より加入したブラジル人FWはここまでリーグ戦15得点をマークしているなど強力攻撃陣を牽引している。リーグ戦直近5試合でも2得点を挙げているなど決して調子は悪くない。川崎Fの守備はかなり手強いものになるはずだが、そこに打ち勝ちチームに勝ち点3を届けたいところだ。

大宮アルディージャ対モンテディオ山形

注目カード(J1参入プレーオフ1回戦)
大宮アルディージャ対モンテディオ山形 12月1日 13:05

注目選手
FW:フアンマ(大宮)
MF:坂元達裕(山形)

 明治安田生命J2リーグは先週末で全日程を終えることになったが、来季のJ1昇格へ向けた戦いはまだまだ終わらない。1日には、そんな昇格争いの生き残りを懸けたJ1参入プレーオフ1回戦が行われる。

 横浜FCと熾烈な自動昇格権獲得争いを繰り広げた大宮は、リーグ戦ラスト3試合でまさかの躓き。栃木SC、アルビレックス新潟、ツエーゲン金沢相手に勝ち点1ずつしか奪うことができず、最終的に3位で今季のリーグ戦を終えることになった。

 しかし、自動昇格圏に入ることは叶わなかった大宮だが、3位でシーズンをフィニッシュしたことにより、参入プレーオフでは有利な条件で戦うことができる。1回戦の相手は山形だが、大宮は引き分け以上で2回戦進出が確定。さらにこの重要な一戦をホームで行うことができる。今季のリーグ戦におけるホームゲームでわずか2回しか負けていない大宮にとって、ここは大きなアドバンテージになりそうだ。

 一方の山形は第41節を終えた時点で4位につけていたが、最終節で残留を争っていたFC町田ゼルビアに逆転負けを喫したことで徳島ヴォルティスとヴァンフォーレ甲府に順位を抜かされ、プレーオフ出場圏ギリギリの6位でリーグ戦を終えている。リーグ戦ラスト4試合ではすべて複数得点を許しているなど、守備に課題を残したまま、プレーオフ1回戦を迎えることになる。

 山形がプレーオフ2回戦へと駒を進めるには大宮に勝利することが絶対条件。引き分け以下で敗退、さらにアウェイゲームと難しい立場にあるが、下剋上を起こせるかどうかに注目だ。

 大宮の注目選手はFWフアンマ。今季にV・ファーレン長崎から加入したスペイン人FWは、リーグ戦でチームトップとなる13得点をマークするなど新エースとしてチームを支えてきた。身長187cm、体重90kgという恵まれた体格を生かしたパワフルなプレーは山形にとって脅威となること間違いなし。チームを昇格に導くゴールを決めたいところだ。

 対する山形の注目選手はMF坂元達裕。今年より同クラブに入団した大卒ルーキーは、プロ1年目ながらリーグ戦全42試合に出場し、7得点をマークするなど飛躍を果たした選手だ。攻撃的ポジションであればどこでもこなすことができるという柔軟性が光る坂元の活躍は、大宮戦での勝利が必須となる山形には不可欠なものとなる。緊張感漂う舞台で自身の持ち味を生かすことができるか。

徳島ヴォルティス対ヴァンフォーレ甲府

注目カード(J1参入プレーオフ1回戦)
徳島ヴォルティス対ヴァンフォーレ甲府 12月1日 13:05

注目選手
DF:ヨルディ・バイス(徳島)
FW:ピーター・ウタカ(甲府)

 J1参入プレーオフ1回戦のもう一つのカードが徳島ヴォルティス対ヴァンフォーレ甲府。今季のリーグ戦における両者の対戦成績は1勝1敗と互角で、このゲームも激しい展開になることが予想される。

 今季のリーグ序盤戦では16位に沈むなど苦戦を強いられていた徳島であったが、夏場以降調子を取り戻すと順調に順位を上げていき、第38節の水戸ホーリーホック戦で勝利したことでプレーオフ出場圏の5位に浮上。第40節の横浜FC戦では0-1で敗れたが、最後は2連勝で今季のリーグ戦を終えることになった。

 最終節でモンテディオ山形がFC町田ゼルビアに敗れたことで、徳島は最終的に4位でリーグ戦をフィニッシュ。プレーオフ1回戦をホームで戦うことができる権利を得た。徳島の特徴はリーグ戦で3番目に多い67得点を叩き出した攻撃陣。J1昇格へ向け重要となる甲府戦でもそうした強みを生かしていきたい。

 一方の甲府は第38節の鹿児島ユナイテッドFC戦を終えた時点でプレーオフ出場圏外となる9位につけていたが、そこから怒涛の追い上げを見せた。第39節の京都サンガF.C.戦から最終節のFC琉球戦までで4連勝を果たし、山形を抜いて5位で今季のリーグ戦を終えることになった。

 今季の甲府はリーグ戦のアウェイゲームにおいてわずか5回しか負けていない。第27節では、今回対戦する徳島にも敵地で2-0の完勝を収めている。このあたりは甲府が持つ一つの強みと言ってもいいだろう。徳島から敵地で連勝を奪うことができるか。

 徳島の注目選手はDFヨルディ・バイス。今季にV・ファーレン長崎から加入したセンターバックは、DFながらチームで2位タイの7得点をマークするなど攻守両面でその存在感を放つことができる。オランダ人CBの活躍はプレーオフ2回戦進出を狙う徳島には欠かせないものとなるだろう。

 対する甲府の注目選手はFWピーター・ウタカ。今季に同クラブへ加入した同選手は、新天地でリーグ戦20得点を叩き出すなど大暴れし、チームをエースとして牽引した。ダイナミックな動きと抜群の決定力はやはり別格。徳島戦での勝利が昇格へ向けて絶対条件となる甲府において、この男に懸かる期待は大きい。古巣相手にゴールを挙げることができるか。

ザスパクサツ群馬対いわてグルージャ盛岡

注目カード(明治安田生命J3リーグ)
ザスパクサツ群馬対いわてグルージャ盛岡 12月1日 14:00

注目選手
FW:高澤優也(群馬)

 今季の明治安田生命J3リーグも残すところあと2試合。すでにギラヴァンツ北九州が来季のJ2昇格を決めているが、昇格の残り一枠を争う戦いは熾烈を極めている。

 そんな昇格争いを繰り広げているクラブの一つがザスパクサツ群馬。現在昇格圏となる2位につけているのは藤枝MYFCだが、群馬は勝ち点3差でその背中を追っている。

 群馬が昇格を果たすには残り2試合で全勝を挙げることが求められる。仮に今節で敗れ、2位の藤枝が引き分け以上の成績を収めた時点で群馬の昇格は消滅する。また、群馬が引き分け、藤枝が勝利を収めても昇格の可能性がなくなる。それだけは避けたいところだ。

 そんな群馬が今節迎えるは最下位に沈むいわてグルージャ盛岡。現在の岩手はリーグ戦で12試合勝ちなしという状況に陥っており、大苦戦を強いられている。昇格を狙う群馬からすれば、確実に勝利を収めておきたい相手だ。

 群馬の注目選手はFW高澤優也。第25節の藤枝戦で負傷し、以降戦線離脱を強いられた同選手であったが、前節のガンバ大阪U-23戦で待望の復帰を果たしている。高澤は今季のリーグ戦でチームトップとなる15得点を挙げるなど群馬には欠かせない選手で、ここにきての復帰はクラブにとって大きい。岩手戦で狙うは復帰後初となる得点で間違いないだろう。

フットボールチャンネル

「プレーオフ」をもっと詳しく

「プレーオフ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ