渋野日向子、逆転賞金女王へ「今日みたいなゴルフをしない」…一問一答

12月1日(日)6時1分 スポーツ報知

6番、バーディーパットを沈めた渋野日向子はギャラリーの声援に応える(カメラ・石田 順平)

写真を拡大


◆女子プロゴルフツアー LPGAツアー選手権リコー杯第3日(30日、宮崎・宮崎CC=6535ヤード、パー72)

 3差3位で出た、賞金ランク3位の渋野日向子(21)=RSK山陽放送=が5バーディー、4ボギーの71で回り、通算5アンダーの3位をキープした。一時は単独首位に立つも終盤2ホールを連続ボギーとし、代名詞の笑顔は消えて怒り心頭。首位と2差の逆転V圏内で「(可能性は)60%。まだチャンスはある」と逆転での1988年のツアー制施行後、最年少賞金女王に挑む。賞金ランク1位の鈴木愛(25)=セールスフォース=は70で回り、1アンダーの12位へと浮上した。通算21勝のイ・ボミ(31)=延田グループ=が7アンダーの単独首位。

 ◆渋野日向子に聞く

 —振り返って。

 「最後2ホールがもったいなかった。50点」

 —一時、単独首位に立っていたが。

 「それは分かっていました。自分の中では特に気持ち的に変わらなかったし、まだまだ伸ばそうとは思っていました」

 —13番第1打はどんなミスショットだったか。

 「風に持って行かれた。パー5でボギー。気持ち的に持って行かれました」

 —優勝するために何が勝敗を分けるか。

 「最後まで諦めないことが大事。あとは気持ちの問題。頑張りたい」

 —今季最終R。どんな一日にしたいか。

 「本当に悔いのない、今日みたいなゴルフをしない。ピンを狙っていけるゴルフをしたい」

スポーツ報知

「渋野日向子」をもっと詳しく

「渋野日向子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ