世界最高額は誰だ? サッカー選手市場価値ランキング1〜5位。ネイマールを上回る100万人に1人の逸材は?【2021最新版】

12月2日(水)6時0分 フットボールチャンネル

5位:アシストを量産

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高いサッカー選手は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングの最新版を紹介する。※成績は1月6日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠
——————————————

FW:ハリー・ケイン(イングランド代表/トッテナム)
生年月日:1993年7月28日(27歳)
市場価値:1億2000万ユーロ(約144億円)
今季リーグ戦成績:16試合出場/10得点11アシスト

 7歳で加入したアーセナル下部組織では失格の烙印を押されたが、そのライバルクラブであるトッテナムで怪物へと進化を遂げ、今やイングランド代表の絶対的エースにもなった。

11月にはトッテナムでの公式戦通算200得点と、プレミアリーグ通算150得点を達成。218試合での150得点達成は、アラン・シアラー氏(212試合)とセルヒオ・アグエロ(217試合)に次ぐリーグ史上3番目の早さだった。

 高確率でゴールを奪うことができるシュートセンスの良さは言わずもがな、身長188cm・体重86kgという体躯から繰り出されるパワーで強さを示すこともでき、味方を生かす術も十分に知っている。そしてどんな状況でも意識をゴールへ向けるという姿勢も、得点量産に繋がっていると言えそうだ。

 近年は故障離脱が続いており、プレミアリーグでは2季連続で20ゴール未満に終わっている。しかし、今季は抜群の連係を見せるソン・フンミンとともにゴールを量産。公式戦では17得点14アシストと驚異的なスタッツを残しており、リーグ戦11アシストはリーグトップの数字となっている。

4位:アフロをカット

FW:モハメド・サラー(エジプト代表/リバプール)
生年月日:1992年6月15日(28歳)
市場価値:1億2000万ユーロ(約144億円)
今季リーグ戦成績:16試合出場/13得点3アシスト

 オフにトレードマークだったアフロヘアをカットしたモハメド・サラー。サイドをすっきりさせたことで同僚のアレックス・オックスレイド=チェンバレンに似ているとも言われたが、シーズンの経過とともに見慣れた髪型に戻りつつある。

 リバプール移籍初年度から2季連続でプレミアリーグ得点王に輝いたサラーは、今季もゴールを量産している。13得点で得点ランキングトップに立っており、10月17日のエバートン戦では公式戦100得点を達成。159試合目での到達はクラブ史上3番目の早さだった。

 2018年のワールドカップではエジプト代表を7大会ぶりの本大会出場へと導いた。母国では英雄的存在で、立候補していないにもかかわらず大統領選挙で100万近くの得票数を記録したという逸話を持っている。

3位:働き者のアタッカー

FW:サディオ・マネ(セネガル代表/リバプール)
生年月日:1992年4月10日(28歳)
市場価値:1億2000万ユーロ(約144億円)今季リーグ戦成績:16試合出場/6得点4アシスト

 リバプールで背番号10を背負うサディオ・マネ。18年夏はワールドカップ、19年夏はアフリカネーションズカップにセネガル代表として出場し、リバプールではここ2シーズンで公式戦97試合に出場するなど超人的な働きを見せる。休むことを嫌うマネは、大量リードを得たクリスタル・パレス戦の57分にベンチに下げられると、珍しく不満を露わにしている。

 小柄な身体に備わる強靭なフィジカルでボールを収め、抜群のスピードと華麗なボールタッチで相手をかわす。18/19シーズンは得点王に輝き、昨季はイングランドサッカー選手協会(PFA)のファン投票による年間最優秀選手賞を受賞。サディオ・マネはリバプールで圧倒的な成績を残している。

 リバプールで多額のサラリーを受け取るマネだが、贅沢な生活に興味はなく、社会貢献にも積極的だ。母国セネガルの新型コロナウイルス対策のために寄付をしたことが伝えられている。

2位:お騒がせ男

FW:ネイマール(ブラジル代表/パリ・サンジェルマン)
生年月日:1992年2月5日(28歳)
市場価値:1億2800万ユーロ(約154億円)
今季リーグ戦成績:7試合出場/3得点4アシスト

 パリ・サンジェルマン(PSG)がバルセロナに支払った2億2200万ユーロ(約290億円)の移籍金は史上最高額。今夏は圧巻の活躍でパリ・サンジェルマンをUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝へと導いている。

 マルセイユとのル・クラスィク(フランスダービー)では相手選手を殴って退場となり、2試合の出場停止処分を受けた。証拠不十分で処分は科されなかったが、その試合では人種差別に関わる発言を行った疑惑がかけられている。サッカー選手としては脂が乗り切った年齢になったが、依然としてプレー以外の部分で話題になることが多い。

 今季は新型コロナウイルス、出場停止処分などの影響でリーグ戦の出場は7試合に留まっている。12月13日のリヨン戦では相手選手にタックルを受けて左足首を負傷し、年内の公式戦を全休した。ネイマールが不在の間にPSGはトーマス・トゥヘル監督を解任し、マウリシオ・ポチェッティーノ監督を招聘。復帰後は新たな指揮官の下でプレーすることになる。

1位:100万人に1人の逸材

FW:キリアン・ムバッペ(フランス代表/パリ・サンジェルマン)
生年月日:1998年12月20日(22歳)
市場価値:1億8000万ユーロ(約216億円)
今季リーグ戦成績:13試合出場/12得点4アシスト

 12歳で国立養成所クレールフォンテーヌに入り、17歳でモナコとプロ契約を結んだキリアン・ムバッペ。19歳でフランス代表としてワールドカップ制覇を経験し、パリ・サンジェルマンには1億8000万ユーロ(約236億円)の移籍金で加入した。100万人に1人の逸材と呼ばれたムバッペは世界中の注目を集めるFWへと成長を遂げている。

 緩急を自在に操り、相手の逆を取って左右両足から鋭いシュートを放つ。優れたボールタッチで味方をアシストするプレーもできる。今季も13試合で12得点と、2季連続で得点王に輝いた直近2シーズンと同じペースでゴールを重ねている。

 パリ・サンジェルマンとの契約は2022年までとなっており、メガクラブも獲得を目論んでいる。PSGのレオナルドSDは既に契約延長の交渉を行っており、ナセル・アル・ケライフィ会長も新契約の締結に自信を覗かせているが、今夏にも何かしらの動きがあるかもしれない。

【了】

フットボールチャンネル

「サッカー」をもっと詳しく

「サッカー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ