世界最高額は誰だ? サッカー選手市場価値ランキング6〜10位。ノルウェーの大器は急成長、一方で評価を落としたのは…【2021最新版】

12月2日(水)6時10分 フットボールチャンネル

10位:ノルウェーの大器

 100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高いサッカー選手は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出した市場価値ランキングの最新版を紹介する。※成績は1月6日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

——————————

FW:アーリング・ブラウト・ハーランド(ノルウェー代表/ドルトムント)
生年月日:2000年7月21日(20歳)
市場価値:1億ユーロ(約120億円)
今季リーグ戦成績:9試合出場/10得点2アシスト

 10位にランクインしたのはノルウェーが生んだ大器だ。

ザルツブルクで本格ブレイクを果たし一昨年12月にドルトムントへと活躍の場を移したが、ドイツの地からも世界に衝撃を与え続けており、現在のその価値は1億ユーロ(約120億円)にまで上昇。恐ろしい速度で成長を遂げている。

 訪れたチャンスを確実にモノにできる決定力の高さはストライカーとして際立っており、身長194cmという体躯からは想像できないスピードも兼備する。そして何より、緊張感漂う舞台でも堂々たる姿勢を崩さないメンタルの強さが魅力。まさに非の打ち所がない選手である。

 リオネル・メッシクリスティアーノ・ロナウドから主役のバトンを継ぎうる若者は、今季ここまで公式戦15試合で17得点3アシストを記録と大爆発中。しかし、もはや一本決定機を外しただけで騒ぎとなるノルウェー代表FWは、まだまだゴールネットを揺らし続けていくはずだ。

9位:C・ロナウド2世

FW:ジョアン・フェリックス(ポルトガル代表/アトレティコ・マドリード)
生年月日:1999年11月10日(21歳)
市場価値:1億ユーロ(約120億円)
今季リーグ戦成績:14試合出場/5得点4アシスト

 母国の強豪ベンフィカでヨーロッパリーグ(EL)史上最年少ハットトリックを記録するなど世界の注目を集め、2019年に1億2600万ユーロ(約151億円)という移籍金でアトレティコ・マドリードに加入。それに伴い市場価値も大きく上がり、今や世界トップクラスの仲間入りを果たしている。

 左右両足を巧みに使ったテクニックとドリブルを武器に攻撃のグレードを引き上げることが可能で、シュートセンスも非凡なものを兼備。ウイングにも対応できるが、より中央でのプレーでこそ輝きを放つことができる選手だ。あとはフィジカル面を成熟させれば、さらに怖い存在となるだろう。

 アトレティコ1年目だった昨季は期待と重圧に押しつぶされ、環境の変化等もあってなかなか持ち味を発揮できずにいたが、今季はディエゴ・シメオネ監督の下で水を得た魚のように躍動。とくに新加入のルイス・スアレスとの連係は抜群だ。この好調をどこまで維持できるか。

8位:ペップの下で開花した才能

FW:ラヒーム・スターリング(イングランド代表/マンチェスター・シティ)
生年月日:1994年12月8日(26歳)
市場価値:1億1000万ユーロ(約132億円)
今季リーグ戦成績:14試合出場/4得点4アシスト

 小柄なアタッカーは16歳のとき、ラファエル・ベニテス監督の誘いを受けてリバプールに加入した。ブレンダン・ロジャース監督の下で主力に成長すると、2015年夏に4900万ポンド(約93億円)とも言われる移籍金でジョゼップ・グアルディオラが率いるマンチェスター・シティに移籍している。

 独特の間合いで相手のマークを剥がし、圧倒的なスピードでDFを抜き去って一瞬でゴールを奪う。グアルディオラの指導の下でオフ・ザ・ボールの動きにも磨きがかかり、左右のウイングだけでなく、センターフォワードでもプレーが可能。守備面でも奮闘と、万能型FWへと成長を遂げている。

 3シーズン連続でプレミアリーグ二桁得点をマークしている事実が示す通り、背番号7は今やシティ最大の得点源と言っても過言ではない。しかし、その期待値の大きさも原因なのか、今シーズンは周囲を満足させることができているとは言い難く、やや評価を落としてしまっている。

7位:世界最高の右サイドバック

DF:トレント・アレクサンダー=アーノルド(イングランド代表/リバプール)
生年月日:1998年10月7日(22歳)
市場価値:1億1000万ユーロ(約132億円)
今季リーグ戦成績:15試合出場/0得点2アシスト

 カイル・ウォーカーやアーロン・ワン=ビサカなど、イングランドの右サイドバックには実力者が揃っているが、その中でもこの男の輝きは強い。リーグ戦2季連続で二桁アシストを記録した事実が示す通り、右足のキック精度は絶品中の絶品。違いを作り出せるSBとしての存在感はやはり別格だ。

 6歳でリバプールの下部組織に入団し、以降同クラブ一筋の道を歩んできた。トップデビューは2016年のことで、2017/18シーズンの後半戦より主力に定着。そこからの成長速度は凄まじく、右サイドの位置を確固たるものとし、プレミアリーグやチャンピオンズリーグ制覇の原動力となっている。

 市場価値は22歳で1億1000万ユーロ(約132億円)にまで上昇。もちろんSBの選手としては世界最高額となっている。かつてミランなどで活躍した名SBのカフー氏は「世界でも最高の選手の一人だと思うよ」とイングランド代表戦士を称賛していたが、その言葉に異論のある人はいないだろう。

6位:アンリに並んだ男

MF:ケビン・デ・ブルイネ(ベルギー代表/マンチェスター・シティ)
生年月日:1991年6月28日(29歳)
市場価値:1億2000万ユーロ(約144億円)
今季リーグ戦成績:14試合出場/3得点8アシスト

 チェルシー在籍時には当時のジョゼ・モウリーニョ監督から信頼されず“余剰戦力”となっていたが、2015年に加入したマンチェスター・シティでは世界最高を証明。現時点での市場価値は1億2000万ユーロ(約144億円)となっているが、一時は1億3500万ユーロ(約162億円)まで上っていた。

 相手DFとGKの間に放り込む高速かつ高精度のクロスや思わず声をあげてしまうようなスルーパスはもはや天下一品。抜群の運動量と走力を生かしたハーフスペースを突く動きも秀逸と、常に質の高いプレーでチームを牽引している。これが、世界最高のMFと称される理由と言えるだろう。

 昨季はリーグ戦だけでティエリ・アンリ氏に並ぶプレミアリーグ最多の20アシストを記録。その活躍を受け、シティの選手としては初となるPFA年間最優秀選手賞も受賞している。すでに世界トップレベルに君臨するベルギー人戦士は、今後も自身の価値を証明し続けるだろう。

フットボールチャンネル

「サッカー」をもっと詳しく

「サッカー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ