渋野日向子がマスコミから人気あり過ぎ、気の毒な鈴木愛

12月2日(月)16時0分 NEWSポストセブン

渋野日向子は東京五輪出場を目指す

写真を拡大

 今年、大ブレイクした渋野日向子(21)と鈴木愛(25)、さらに申ジエ(31)を交えた賞金女王争いは、ツアー最終戦の「LPGAツアーチャンピオンシップ」(優勝賞金3000万円)までもつれ込んだ。渋野は通算7アンダーの2位タイに終わり、通算5アンダーで5位に入った鈴木が、2017年以来2年ぶりとなる賞金女王に輝いた。


 熾烈な賞金女王争いに、マスコミの注目度も高かったが、気になる点もあった。前週の「大王製紙エリエールレディス」で渋野が優勝してトップを走る鈴木との差を詰めると、スポーツ紙には〈2週連続優勝で逆転賞金女王へ〉と、渋野を“応援”するような文言が並んだ。


「メディアは完全な“渋野シフト”でした。たしかに渋野の日本ツアー4勝(11月27日時点、以下同)と全英制覇は凄い成績。ただ、鈴木のシーズン7勝は史上3人目の記録、日本開催の米女子ツアーを含む3週連続優勝は史上2人目の快挙です。にもかかわらず、渋野に比べて扱いは格段に小さい」(ツアー関係者)


 大会中のカメラも、とにかく渋野を追い続ける。スポーツ紙のゴルフ担当カメラマンが明かす。


「普段は優勝争いを中心に撮りますが、どんな展開でも“渋野中心”で撮るように指示されます。それも笑顔の瞬間、お菓子を食べている時、仲間とふざけ合う様子……といった細かい指定があり、ほぼ渋野のラウンドに密着するしかない」


 ギリギリの争いを繰り広げた鈴木にとっては、これも“逆風”となった。


「ギャラリーもほとんどが渋野のパーティにつき、渋野がパットを終えると、他のプレーヤーのパットが残っていても移動を始めてしまうこともあった。同組の選手はなかなか集中できない。大王製紙エリエールレディス最終日は渋野と鈴木が同組だったが、声援も渋野に集中し、鈴木が気の毒になりました」(同前)


 渋野の“敵役”には想像以上の負担がかかるのだ。


 2人のライバル関係はまだまだ続く。東京五輪の代表枠は基本的に2人で、世界ランク5位の畑岡奈紗(20)を追って、同12位の渋野と同17位の鈴木が競い合う状況だ。


「鈴木は渋野と違って闘志をむき出しにするタイプで、“東京五輪の代表は自分だ”と周囲に明言している。もちろん、自信を裏打ちする実力もある。渋野はアプローチに課題があるが、鈴木はパーオンできなかったホールをパー以下にする『リカバリー率』が申ジエに続く2位(渋野は12位)。シブコ人気で“茨の道”は続くが、安定感抜群のプレーでそれを覆せるかが注目です」(前出・ツアー関係者)


 五輪代表選手が決まる来年6月末まで、2人のつばぜり合いは続く。


※週刊ポスト2019年12月13日号

NEWSポストセブン

「鈴木愛」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「鈴木愛」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ