炎鵬、トラウマ克服! 1年ぶりに巡業で実戦稽古 白鵬驚き「どうした?」

12月2日(月)5時38分 スポーツニッポン

支度部屋で弁当をほお張る炎鵬

写真を拡大

 大相撲冬巡業が1日、福岡県直方市で始まり、幕内・炎鵬が約1年ぶりに巡業で実戦稽古を行った。

 かつて巡業中の稽古で土俵から落ち、足を負傷して救急搬送されて以来、巡業中の申し合いがトラウマになっていた。さらに、本場所でケガを負い巡業中に土俵に上がって稽古ができない日が続いていた。

 この日は松鳳山らと4番取って汗を流すと、兄弟子の白鵬から「大丈夫?どうした?」と驚かれたという。久々に充実した汗を流すと「久しぶりにこんなに弁当食べてます」と支給された地元名物「かしわめし弁当」を頬張った。来場所はさらにたくましくなった小兵の姿が見られそうだ。

スポーツニッポン

「巡業」をもっと詳しく

「巡業」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ