ヒュルケンベルグ、ポイント獲得を最終ラップに失う「タイヤが劣化していて10位に留まれなかった」

12月3日(火)16時54分 AUTOSPORT web

 ニコ・ヒュルケンベルグはF1アブダビGPのフィニッシュラインを通過した時、ルノーでの最終戦について良い気分を味わったものの、様々な状況に阻害されてポイント圏内でのフィニッシュがならなかったと考えている。


 ヒュルケンベルグは第1スティントでソフトタイヤを履いており、マクラーレンのランド・ノリスやチームメイトのダニエル・リカルドにリードされながらも、トップ10内のポジションを維持していた。


 ヒュルケンベルグはピットストップの順番が回ってきた時に順位を上げたが、第1スティントの後半ではタイムを失っていた。グリッド最後尾からスタートしたメルセデスのバルテリ・ボッタスに追い抜かれたのだ。


 残念なことに勢いを失ったヒュルケンベルグは、ミディアムタイヤに交換した際に、ノリスにアンダーカットを許してしまい、マクラーレンはその後ヒュルケンベルグのペースを阻むことになった。


「実際のところ、本当に良いレースになった可能性があった」とヒュルケンベルグはレース後に語った。


「ボッタスがあまりに早いタイミングで僕をオーバーテイクしなければ、僕は2秒も失わなかったかもしれない。そしてピットストップの後に、ランドの前に出るチャンスを失ってしまったんだ」


「あのポジションを維持して、乱気流がなければ、素晴らしい戦略をやり遂げることができたかもしれない。ソフトタイヤで長く走ることができればよかったが、残念ながらそれはできなかった」


「それから僕は40周の間、彼の乱気流の後ろを走り、そのせいでタイヤが傷んでしまった。ペースはとても速かったよ」


 レース終盤ではカルロス・サインツJr.(マクラーレン)とリカルドがヒュルケンベルグに追いつき、最終ラップで彼を抜き去った。


「カルロスとダニエルは後方からプッシュしてきていたから、タイヤを休ませてセーブする時間はなかった。かなり張り詰めた状況だった。そして最後にはその代償を払うことになった」


「タイヤが劣化していて、僕は10位に留まれなかった」


 ポイント獲得はならなかったものの、ヒュルケンベルグはルノーからの最後のレースについてポジティブな称賛を受けた。F1ファンも同様の評価をしており、ヒュルケンベルグを『ドライバー・オブ・ザ・デー』に選んで称賛した。


「チームとの価値ある最終レースだったよ」とヒュルケンベルグ。


「フィニッシュラインを良い気分で通過した。彼らとの3年間は素晴らしかった。僕たちはまるで家族のようにとても親密に成長していったんだ」


「僕たちはともに浮き沈みも経験したけれど、僕は彼らにありがたみと感謝を感じているよ。将来の彼らの成功を祈っている」


AUTOSPORT web

「タイヤ」をもっと詳しく

「タイヤ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ