JRA幸騎手ペア15位「けがしてから初」日刊アマ

12月3日(火)17時22分 日刊スポーツ

今年初の競技ゴルフを楽しんだ幸英明騎手(左)と相方の京海健一(撮影・加藤裕一)

写真を拡大


<日刊アマゴルフ:関西シングルプレーヤーズ・ダブルスゴルフ選手権大会>◇決勝第1日◇3日◇滋賀・琵琶湖CC・栗東、三上C(6929ヤード、パー72)

JRAで活躍する幸英明騎手は京海健一とのコンビで75、15位だった。昨年11月に落馬し、右肘開放粉砕骨折の重傷を負い、今年2月にレース復帰。大好きなゴルフは3月から再開した。
ただし、プレーの頻度は週2回から、月1〜2回に落としたという。「競技ゴルフはけがをしてから初めてなんです。やっぱり楽しい」。この日は冷え込みが厳しかったが「痛みはもう全くないです」と話していた。

日刊スポーツ

「騎手」をもっと詳しく

「騎手」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ