クロップ、サンチョ獲得について明言避けるも…「何かをする準備はできている」

12月4日(水)18時0分 FOOTBALL TRIBE

写真提供: Gettyimages

 リバプールのユルゲン・クロップ監督はボルシア・ドルトムントのイングランド代表MFジェイドン・サンチョの獲得について明言は避けたものの、リバブールが1月の移籍市場に向けて準備していることを明かした。4日、英紙『デイリーメール』が伝えている。

 現在、マンチェスター・ユナイテッドやバルセロナ、レアル・マドリードなどからの関心が噂されるサンチョ。クロップ監督はそんなサンチョについて質問され「彼はとてもいい選手だ」と切り出した。

 

ユルゲン・クロップ

「彼はとてもいい選手だね。1億ポンド(140億円)という設定額は問題だ。100%問題だね。

 けど、サンチョの移籍について言うべきことはないよ。いつも通りだよ。私たちはそのことについて言及はしないけど、いつでも何かをする準備はできてるよ。それがチームの助けになるならね。

 何もなければそれだけだよ。様子を見てみよう。夏の移籍市場ではより難しくなるだろうけどね。」

 サンチョは今シーズンブンデスリーガで、11試合に出場。5ゴール7アシストを記録している。はたして注目される19歳の新天地はどこになるのだろうか。

FOOTBALL TRIBE

「獲得」をもっと詳しく

「獲得」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ