インドネシア大統領がAFFスズキカップを観戦。勝ち越し弾のボアズ「大きな後押しになった」

12月4日(日)13時30分 フットボールチャンネル

 現地時間3日に行われたASEANサッカー連盟(AFF)主催のAFFスズキカップ2016準決勝ファーストレグで、インドネシアがベトナムに2-1で先勝した。インドネシアのジョコ・ウィドド大統領がこの一戦を観戦し、チームを激励している。

 グループ2位で3大会ぶりに準決勝進出を決めたインドネシア代表は開始7分に先制するも、17分にPKで追いつかれてしまう。それでも、後半にボアズ・ソロッサが勝ち越しのPKを決めてホームで先勝した。

 50分にPKで勝ち越しゴールを決めたボアズ・ソロッサは試合後、「大統領の存在は、僕たちチームにとって大きな後押し。ウィドド大統領に感謝したい」と述べた。そして、「インドネシアの人たちにも感謝したい。ただ、まだセカンドレグもあるから、終わったわけではないね」とコメントを残した。

 ベトナム対インドネシアのセカンドレグは現地時間7日、ベトナム・ハノイで行われる。

【試合結果】
インドネシア 2-1 ベトナム

フットボールチャンネル

「スズキ」をもっと詳しく

「スズキ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ